2019年初の瀬渡しで磯釣り!しかし本命チヌは坊主・・・!

フカセ釣り

なんとなく瀬渡しの気分だったので行ってきましたが。

わりと厳しい戦いでした・・・

[釣行データ]
釣行日: 2019年1月19日│場所: 愛媛県上島、弓削島の東側の磯(番号は無いらしい)[こだま渡船_第2こだま]│天候: 晴れ│
: 大潮│狙い(潮・時間・場所): 10時前後の満潮│水温: 11℃(実測)
スポンサーリンク

弓削島の東側の磯で7時半釣り開始

久しぶりの瀬渡し!

瀬渡し客は自分一人でした~。

船釣りの方はフグ釣りに沖に出るというので、ついでに自分も沖の磯におろしてもらいました。

今回は出船が6時半で納竿が12時くらい(納竿時間が船釣りの具合で遅くなったりもする)。

時間みじかっ!なんとか4時間程で釣り上げなくては!!

[シマノ 16 BASIS 1.5-530] [シマノ BB-X 13 ハイパーフォース 2500DXG]

磯に着いたのが7時過ぎ。そこからコマセを先に打っておいてタックルを準備。7時半に釣り開始です。

以前大知昭さんが動画で、タックルを組み立てる前にコマセを打っておけば時間短縮できるって言ってたので、それを見て以来実践してます。

写真左に見えるのが弓削百貫ですね。沖には刺し網かなにかがありますが、潮の流れは磯の目の前を左右に流れるので、網まで仕掛けは届きません。

スポンサーリンク

釣れない

最初の1時間はコマセが効くまでは。と思って過ぎていったんですが、満潮前後でもクサフグしか食ってこない。

やべぇ・・・

朝一発目でコブダイに切られて以来、クサフグしか食ってこない・・・。

しかし時折挿し餌が残って上がってくるので、チヌきたかな?ってなるんですが、しばらくアタリが遠のいて、次また釣れるのはクサフグ。

しかもタモ入れするか迷うレベルの大きいクサフグ

船釣りの人たちはこれを頑張って釣ってるんだろうな~と思いながら、優しくリリース。

あの手この手で頑張ってみるも、釣れるのはKUSAFUGU・・・

11時半に船長に電話を入れて、納竿いつぐらいになりそうですか?と聞いてみたら13時くらいになるとのことで、1時間延長戦!

ラストスパートだ!と気合を入れて仕掛けを投入すると、

コブダイさんが仕掛けを千切ってくる始末

少し離れた根に潜られて、道糸からプッツン。

プカプカ浮かぶウキをウキとりパラソルで回収。この辺りで心が折れましたね~。

スポンサーリンク

納竿ギリギリで50cmコブダイをゲット!

今日はもうダメだったわ、片付けるか~

と本気で諦めながらも、一応仕掛けを組み直して投入。

手前にコマセの残りをドッカンドッカン投入しつつ、練りエサを中層くらいで浮かせていると、ウキがす~っと入るアタリ!

アワセてみるといい手応え。しかし引き方からコブダイだとすぐに分かりましたが、割とやり取りできるサイズ・・・? 頑張りゃとれるかな?と思ったので、最後だと思って気合を入れてやりとり。

ハリスが1.2号でグレ針6号。

瀬際でグングンと引いて潜ろうとしますが、なんとか竿で受け止めます。しかし途中で左腕が攣ってしまい、そのスキに際に張り付かれました。

なんとかならないものかと、磯をギリギリまで降りていって竿を突き出して沖に引っ張ってやると、なんとか剥がすことに成功!

しかしハリスも擦れて限界なので、頭が上に向いたタイミングで強引に浮かせて即タモ入れ!

最後の最後にコブダイゲット!完全坊主回避!

よっしゃ!と声に出すほど嬉しかったです。

しかしもう疲れた・・・満足もしたので撤収準備。

船が来るまで磯を撮影したりボーっとしたり、youtube見てたり。この時間は割と好きです。

13時過ぎに撤収。

ちなみにフグ釣りの人たちも渋かったようです。

スポンサーリンク

釣果

ウロコ剥いじゃった状態で失礼。

ギリ50cmのコブダイ!正確には49.5とかかな。

コブダイ美味しいので好きなんですよね~。

次もコブダイ狙おうかな・・・

スポンサーリンク

今回のまとめ & 使用したタックル・仕掛け

1匹釣れただけで、地獄から天国ですね。

やっぱり最後の最後まで諦めたらイカンですよ!

本命のチヌは坊主でしたが、なにかしら釣れたら嬉しいので、本命も有って無いようなものですね。しかし短時間で釣果を出すのは難しい、腕の無さを痛感します。

今年はシマノのアートレータも発売みたいなので、この際チヌ竿のいいヤツが一本欲しいな~とも思ってるんですが、イソリミテッドも08が追加されてて、なにこれめっちゃ欲しい・・・

とりあえず2月の大阪フィッシングショーには行く予定なので、そこで考えよう!

コメント