魚釣りに使うエアーポンプの充電池をPanasonicからTOSHIBAに買い替え。ハピソンと冨士灯器のエアーポンプを使い比べた結果も

タックル
この記事は約3分で読めます。

活かしバッカンのエアーポンプには充電池を使用しているんですが、パナソニックの電池がダメになったのでTOSHIBAの物に買い替えてみました!

スポンサーリンク

TOSHIBA IMPULSEに買い替え

さて今回購入したのはこちらの電池。1本1000円くらいです。

Amazonのコメント欄を見る限り、パナソニックの物より容量があっていい感じみたいです。

こちらが今まで使用していたパナソニックの電池ですね。

2017年の10月に購入して使用していましたが、2年ほどしてから偶に充電ができなくなったりしていました。騙し騙し使っていたんですが、流石に3年経ってもうダメだ~ということで買い替えたんですよね。こちらも一本1000円くらいです。

パナソニックの充電池はAmazonのコメント欄で「性能劣化が早くエアーポンプが動作する時間が短くなる」という内容のコメントもありました。個人的には「言われてみればそうだったかも…」くらいの感覚でしたが、まあ性能が良い方がいいので今回TOSHIBAに乗り換えました。

充電器はパナソニックの物がそのまま使えるらしいので、新たに買わなくてすみました。よかったです。

充電時間はかなり長いですが、実際に何時間掛かるのかは測ってないのでちょっとわかりません。12時間くらい?

スポンサーリンク

釣りのエアーポンプは「ハピソン」より「富士灯器」がオススメ!!

現在エアーポンプは、ハピソンと冨士灯器の物を1台ずつ使っています。

過去に冨士灯器のFP-2000を2台で運用していたんですが、1台がポンプ部分のゴムが破れてエアーが送れなくなり廃棄。同じものを買うのもあれなのでハピソンを購入したんですが、内部に水が侵入。多分海水を被った時に内部に水が入ったんでしょうね~。

しかし冨士灯器のFP-2000はまったく問題なし。まあこの個体のパッキンがダメだった可能性もあるんですが、こういう事があると信用がおけなくなっちゃいますよね~。ポンプのゴムが破れて廃棄するだけならまあいいんですが、内部に侵入されると電池がやられちゃうんですよね。実際気づかずに釣りから帰って放置しちゃってたので、パナソニックの充電池もサビちゃってました。

まあそんな事もあり、個人的にエアーポンプは冨士灯器のFPシリーズがオススメ!

ハピソンのやつより動作音もかなり静かですからね。

その辺りも含めて冨士灯器推しです。

本当は冨士灯器のFP-3000を使いたいんですけど、大きすぎてシマノのフィッシュバッカンのポケットに入らないんですよね~。いっそバッカンも買い換えようかな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました