【2022】明けましておめでとうございます!!【フカセ釣り】

フカセ釣り
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

明けまして、おめでとうございます!!

今年も当ブログをよろしくお願い致します~。

って事で、元旦からフカセ釣りに行ってきたんですが、う~ん・・・まあ何とか釣れましたね!型は出なかったんですが。

スポンサーリンク

2022年初フィッシュ!

年越しは寝て過ごして、夜明けからフカセ釣りです!

風もないみたいなので、適当に大三島へ来てみました。しまなみ海道、三が日は休日割引ないんですね~。

とりあえず仕掛けを入れてみるとコブの小さいのが!今年の初魚はこいつですね~。

二匹目は手のひらちょいくらいのチヌ!!うん、年明けから顔を見れてホッとしました。チヌさんは今年も宜しくおねがいします。

上から軽い仕掛けで入れていると、ピュン!っと引っ張っていったのはマダイ!正に正月魚。赤くてヒレ長でキレイな個体ですね。

昼間でやったんですが、基本30cm以下ばかりで型の方はでませんでした。

とくにウマヅラがすごい釣れた・・・むき身も練りエサも持たない!あとチャリコ地獄でしたね~。

スポンサーリンク

大知杓

今年一発目の買い物もしました。

大知杓ですね~。最近は湯川杓を近距離~中距離までメインで使っているんですが、遠投ばっかりになるとやはりちょっとシンドい。シマノのファイアブラッドチタン遠投でもよかったんですが、以前から気になっていた大知杓の新しいやつ?を使ってみたくて購入しました。16000円くらいしました。専用のケース付きは18000円くらいだったかな。

大知杓 昭撃 | 大知ウキ公式通販サイト『工房大知A&Y』ネットショップ powered by BASE
【大知杓 昭撃】超遠投が可能な工房大知A&Y オリジナルマキエ杓。シャフトの材質・長さ・硬さ・調子、グリップ形状、カップのサイズや形など実釣テストを繰り返して創り上げた最新モデルです!シャフト設計にこだわり、マキエをカップに押し固める硬さがありながら、投入時は負荷に応じて曲がって反発でマキエを飛ばすしなやかさを両立して...

遠投用だからめちゃ長いのかな~と思いきや、長さは780なんですね。

カップは深いです。ベルモントのMくらい?エンボス加工されたチタンかな?深いのでコマセが丸くなって重量もあり、よく飛ぶ感じです。これはいいですね。

投げてみた感じは、やはりカップが深いので、振り抜くような投げ方だと下向きにコマセが飛びます。ちゃんと止めないとダメですね。オーバーヘッドで投げるなら良いです。アンダーで投げるとちょっと難しいですかね。

グリップがこだわった形状をしてますよね。

基本的に親指を添えて投げる感じですが、湯川のようにサイドをつまむ感じの持ち方でもいけます。横はフラットになっているので持ちやすいんですよね。

使ってみた感想としては、「遠投が楽!」って感じです。ホントに軽い力でよく飛ぶんですよね~。まだちょっと慣れてないんですが、シャフトの弾性をうまく使えた時はホントに軽い力でめちゃ飛びます。ただ飛距離70mオーバーとかは・・・あれは大知昭さんだから出来る技ですね。笑

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回は釣果写真はまだ撮影できておりません。釣行の合間に書いておりますので。

とりあえず初フィッシュゲットできてよかった~って感じですね!ホゲたらどうしようかと・・・笑

最近海も例年にも増して状況変わってますから、今シーズンの寒チヌ・メバルなんかはどうなるんだろう~って感じですね。引き続きメバリング等も調査に行ってきましたので、次回の時期でアップしたいと思います!

それでは皆様、2022年も色々楽しい記事を上げていきたいと思っていますので、今年も当ブログを宜しくおねがいします!!

釣行データ

釣行日: 2021年1月1日 │ 場所: 愛媛県大三島(しまなみ海道) │ 天候: 晴れ時々曇り │ : 大潮(一日目) │ 水温: 14℃

コメント

タイトルとURLをコピーしました