ベルモントのエンボスカップ(ステンとチタン)の使い比べ【フカセ釣り】

釣具DIY
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

大知杓の「MP-314 ゴールドエンボスチタンカップ深型[M]」が破損したので、試しに「MP-118 ミラーエンボスステンカップM」を購入して使い比べてみました。

スポンサーリンク

飛距離は一緒、杓に合ってるのはチタンの深型M

ベルモントのステンカップは使ったこと無かったので試しに購入してみました。

そしてテスト!

柄杓は大知杓です。

上のゴールドのエンボスチタンが純正で付いてるカップです。

Mの深型よりステンの通常のMサイズの方が一回り大きい。

オーバーヘッドとアンダースローで投げ比べ。

飛距離はぶっちゃけ変わらないです。

米ぬかコマセで40mって所です。

ただ投げやすさは深型のMの方が良かった。やはり純正はシャフトに合ってます。軽い力で40m程度投げられるので、オーバーヘッドで投げるならチタンM深型がいいですね。

アンダーで投げるにはぶっちゃけどっちでも良かったです。自分はアンダースローの場合は振り切るので、理屈的には深型じゃないほうが良い気もするんですが、違いがそこまで分からなかったですね。

やはり自分はフッ素チタンが最強だと思いますね。フッ素剥がれちゃいますけど。

エンボスの効果について、自分は正直懐疑的なんですよね~。

以前フィッシングショーでベルモントの中の人に「値段的にエンボスの方が高いんですが、フッ素より良いんですか?」聞いてみたんですよ。そしたら「いやそういう訳では無いです~」みたいな回答をされたので、まあ製造コスト的な問題で値段はエンボスの方が高いんでしょうね。

結局自分で使い比べて好きな方使いなさいよって話なんですけど、まあフッ素カップは消耗品として捉えておいた方がいいと思います。剥がれちゃいますからね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました