中海そろそろいいんじゃない?フカセ釣りでランガンしつつ調査してきました!

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

中海ー!!

そろそろチヌ狙いのフカセ釣りで行ってみても釣れるんじゃないだろうか?と思って調査してきました!

スポンサーリンク

大根島

まずは大根島の自分がいつもシーバスとかフカセやったりしてる実績ポイントに入りました。

まあ湾内なので流れがないと活性もクソもないんですけど、この日の朝は潮目が少しできてていい感じ。

タックルは銀狼唯牙04号にリンカイスペシャルの組み合わせ。

ハリスは1.5号。

今回は杓のカップとかウキとか色々試してみたい物も持ってきました。

このウキはソルブレのガレルのヘッド形状が視認性がいいな~と思ったので、それっぽく真似して作ってみました。今回はこれをテスト。

挿し餌はオキアミ。

自分はよく頭を付けたまま投げますね。遠投するときは頭を取って尻尾で針先を止める感じしてます。

水深が2ヒロも無いので、とりあえず1ヒロから始めて、入れていくかハリスを詰めるかといった感じ。

コマセは安定の米ぬか。

3投目でいきなりヒットしたんですが、水深が浅いせいか走る走る!

まあ出しても問題ないと思われる場所だったので、ドラグ出しながらやり取りしてたんですが、やっぱ出すと怖いですね~。海底なにがあるか分からないですし。

46cm!

中海のチヌにしてはちょっとシュッとした頭してません?

針は安定のスパイクチヌの2号!

1匹釣れてから30分くらいしたら、潮目が無くなってエサも取られなくなったので、2箇所目に移動!

その前に江島のファミマで朝ご飯。

最近ソバが美味いな~って。

で!

2箇所目、3箇所目と1時間ずつやってみたんですが、餌取りも余り居なかったし微妙な感じでした。あとシーバスもやってみたんですが、まだ微妙な感じなのかな~。やっぱハイシーズンは夏なのかな。

というわけで、お昼前に3箇所目。

新規開拓で江島の東側に来てみました。

川ですね。

コマセを入れてみたら結構な二枚潮だということが見て取れました。

沈めるか迷ったんですが、とりあえずハリスに5Bとウキ調整用のガン玉を打ちました。

ウキはシブシブよりもうちょい入れて、ギリ見えるくらいでサスペンドさせて表層の1枚を突破させた状態で流しました。足場は高かったので、ある程度流しても見えるのが良かったですね。

手前は引かれ潮で沖と真反対に流れてて、道糸置いておくと取られまくりで超めんどくさかった!しかも濁るし。

そんな中、徐ろにウキが沈んでいったので、アワセてみたら本命のチヌ!

やっぱどこにでも居るんですね~。

ギリ年無しは無かったですが、まるっとしてていいコンディション!

2匹目が釣れたので、大橋川方面に調査に行こうかと思ったんですが、なんかお昼から急に風が強くなって白波立つレベルになってきたので、13時半で納竿!

調査としては大橋川を残してきたので物足りなかったですが、まあフラッと出かけてポンポンっと二匹釣れたので、釣りとしては楽しかったですね!

表層水温は20℃くらいありましたが、底の方はまだ挿し餌が冷たい感じがしたので、あと1ヶ月も経てばしっかりと水温もあがって、チヌもシーバスもバンバンくるのかなって思いました!また次回調査してきます!

釣行データ

釣行日: 2024年5月11日│ 場所: 島根県松江市 大根島・江島│ 天候: 晴れ│ : 中潮(2日目)│ 水温: 表層20℃

コメント

タイトルとURLをコピーしました