白イカの準備とか

本記事のリンクには広告が含まれています。

釣具DIY
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今年は白イカ行きてー!!

って事で釣りにもいかずお金を節約しながら、ちまちまスッテ買ったり準備してます。

スポンサーリンク

手持ち竿のティップを白イカ仕様にしてみる

今までメタルしかやってこなかったんですが、今年はオモリグ用の竿も欲しいな〜と考えていたんですが、とりあえずお金かけずに手持ちの竿の竿先を蛍光色にして使ってみることにしました。

竿はダイワのロックフィッシュXだったか…そんなやつ。7000円くらいで昔買ってたベイトの7ftくらいの竿です。

ベイトオモリグでもいいんですが、スピニングでキャストとかもしたかったので、トリガーを切断&研磨してスピニング仕様にしてみました。

当然バット部分のガイド径とかベイト用なので小さいんですが、まあイカメタルなんてアンダーで明暗の際より向こう側にちょい投げするだけだから、多分気にならないはず!想像では。

色は白より個人的には蛍光イエローがよく見える気がしたので、蛍光イエローで穂先から30cmくらい塗ってみます。

まずは下地の白色から。

使うのはホムセンで売ってる車用のタッチアップペイント。

これマジで色んな事に使えて便利。

スレッド部分のエポキシは赤色にしてみました。

これもタッチアップペイント。

う〜ん。

いい出来なのでは?

調子に乗ってエギングロッドとメタル用のロッドも塗ってみましたが、エギングロッドのティップは細すぎてキレイに塗るのが難しかったです。ボコボコになっちゃう感じ。

ちなみに筆は柔らかい方が塗りやすいです。

これはアマゾンで100本1000円しないくらいで売ってたやつで、ダイソーより安いじゃん!って事で買って使ってるやつ。

これは柔らかくはないですけど、まあ使えるレベル。

あとこういう作業は絶対にフィニッシングモーターがあったほうが便利。

最近フジのやつはスピコン付いてるモデルも一万円くらいで売ってるみたいですね〜。

まあスピコンなんて1500円くらいで売ってるので、差額考えたら別で買って自分で付けたほうが安いですね。

スポンサーリンク

準備は万端!

さて、ソルティガICのPEも巻きなおして、準備は万端!

まあ準備だけしといて、船は空いてる時に空いてる船にノリで乗ってみるか!って感じなので、まあ土日は厳しいでしょうね〜w

最近は一時的に生活が夜メインになってるので、白イカに行きやすいっちゃ行きやすいんですが、その代わり昼の釣りが全然行けてないんですよね〜。起きてても気力が沸かないというか…

まあそんな感じなんで、暫く無理をせずボチボチやっていこうと思っているので、ただでさえ低い更新頻度が更に落ちるかもしれませんが、よろしくお願いします!