『エクステンションハンドル』で二馬力船外機のハンドルを延長

ミニボート
この記事は約2分で読めます。

出船できないので艤装をとことん進めていきます!

スポンサーリンク

ハンドル短くね?

今回はハンドルの延長です。

船の真ん中辺りに座ったとして、ハンドルがめっちゃ遠いんじゃないのこれ?っていう問題に気づきました。これじゃ舵がきれない・・・!

と言うことで、調べてみたら『エクステンションハンドル』というハンドルを延長する物があるみたいなので買ってみました。4000円くらい。

こういった物ですね。

まあ筒になってて中にゴム板があって、それでスペースを調整してノブボルトで締めるって感じですね。単純です。

ハンドル部分はアルミなので軽量ですね~。グリップ部分とかはチャチな感じがしますけど、まあスッポ抜けたりもしなさそうだったので全然OK!

長さは620mm~1020mmで伸縮します。

ただこれAmazonのコメ欄にも書いてあるんですが、伸縮の固定はハンドルを捻って締めるんですよ。つまり上の写真の状態だと、反時計回りに捻ったら伸び縮みする部分が締まって固定されるんです。船外機のアクセルは上の写真だと時計回りで戻る訳なんですが、そのときにこのハンドルの伸縮の固定が緩んじゃうんですよね~。緩んだら締めないといけない訳ですが、アクセルも開いちゃうという・・・笑

この辺りの構造はもうちょっと工夫されてても良かったかな~という点でしたね。例えば捻って引っ張ったらロックが掛かるという機構とかね。

でもまあ4000円ですからね~。細かいことはDIYでなんとかしていきます!!

さて、次は椅子の作成とトランサムボードの作成。先は長い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました