SPORTYAK245の船底の保護

本記事のリンクには広告が含まれています。

釣具DIY
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今年からSPORTYAK245でミニボート釣行を始めました。まだ半年程度しか経ってないんですが、早々に船底にダメージが出始めたので、ゴムシートを購入して保護してみました。

スポンサーリンク

半年で10回ちょい出船した船底の傷

ボートを下ろす場所は牡蠣の付いたスベリだったり、砂浜、砂利浜だったり色々でしたが、船底に切ったような傷が目立ち始めました。

一番ひどいのはこの傷ですかね、抉れてますね~。

細かい傷も多いです。

主に牡蠣等で切れたような傷ですね。

半年でこの程度は傷が付きました。本当なら購入してすぐ保護したほうが良かったですね。

スポンサーリンク

保護シートを購入

船底へ貼り付ける保護剤は色々迷ったんですが、とりあえず試してみない事には始まらないという事で、ネットで見つけたシートを購入。

beeboatというショップで販売されている、「BEEバンパーシート(幅20cm)」という物です。同ショップに同じ用な商品で「BEE 船底ガード」という厚めのシートもあるんですが、薄いほうが船首側の細くなってる部分にフィットしやすいかな?と思って、バンパーシート(幅20cm)を4m購入しました。直ぐに傷で穴があいちゃうようだったら「BEE 船底ガード」の方も買ってみたいと思います。

https://beeboat2003.com/shopdetail/000000001392/

届いた商品がこちら。

思ったより硬くなくていい感じです。

幅は20cm。

スポンサーリンク

保護シートの接着

まずは4メートルで注文したシートを2mでカット。

ある程度このくらいの位置かな~って所でテープで仮止め。船首側の細くなっている部分はハサミでカットしてそれっぽくします。

ボートの曲線に合わせて適当にカット。ある程度浮いててもシートが柔らかいので、両面テープでいい感じにくっついてくれるはずです。

後ろ側もハサミでカットして丸っぽくして、真ん中を縦にカットしてボートの曲線に合うようにしてみました。

貼り付けは発泡ブチルゴムシートがいいと書いてありました。しかしこの両面テープ高いです。ホームセンターで2000円くらいしました。

Amazonだと1500円とかで買えるんですよね~。Amazonでポチればよかったな・・・

仮止めの時の位置に接着時に合わせられるように、マジックで位置を出しておきました。

両面テープをペタペタ。ボート側はシンナーで脱脂しておきました。シート側はするのを忘れましたが・・・まあいいか。ちなみにボートの素材がシンナーで溶けるんじゃないかと心配しましたが、特に問題なかったです。

両面テープのフィルムを少しずつ剥がしながら慎重に貼り付けました。

先端の細くなっている部分もしっかりフィットしていい感じです。耐久性は未知数ですが。

結構キレイに貼れたと思います。

が、このままでは絶対剥がれる気がする・・・

という訳で水が極力中に入らないように、周りにコーキングを打っておく事にしました。

一応マスキングテープで無駄にはみ出さないようにしてみました。

ちなみに私、コーキングめっちゃ苦手です。こういう系はホント上手く出来ない・・・

ちなみにコーキングはパーツクリーナーで落とせます。手や衣服に付いたらパーツクリーナーをウエスに染み込ませて拭いてます。

後ろ側の縦に切れ込みを入れた部分ですが・・・なんやかんやで盛りに盛って、すごい見た目悪くなっちゃいました。これならシートの角に丸みを持たせずに、まっすぐにカットして貼った方がよかったですね。

固まったら、爪等でマスキングテープの端をピーっと切ってから剥がしました。こうやってマスキングの上に乗ったコーキングを切っておいてやらないと、マスキングテープの上のコーキングがそのまま残って、ピラピラしたままになっちゃいます。

反対側も同じ用に取り付けていきます。

とりあえずこんな感じで、なんとか取り付けることはできました。

しかし結局の所、耐久性がどうかですよね~。このシートがどれくらい持つのかって事と、コーキングで端の方は保護したといっても、シート内に水とか入っちゃいそうだし、両面テープもなんだか剥がれちゃいそうな気がしないでもないんですよね~。

まあとりあえず、船底保護第一弾はこんな感じってことで!経過報告もこの記事でしていこうと思うので、耐久性や何か問題が出たら、この記事に追記したいと思います。

スポンサーリンク

追記 2023年6月21日

1年半ほど経過しました。

コーキング材はボロボロになってますが、シート自体の剥がれは全然ありません。発泡ブチルゴムの両面テープって強いんですね~。

傷に対する耐久性も強く、シートに穴もあいていません。まだまだ使えそうです!

コメント

  1. エギンガーZ より:

    初めまして
    いつもブログを楽しく拝見しています。
    私もbic245を所有しているのですが、船底がかなり削れてきました。保護を考えていますが、現在船底の状況はいかがでしょうか?耐久性に問題なければ私も同じような保護をしようかと思っています。
    差し支えなければ教えてください。

    • コーキングは一部剥がれていますが、ゴムは剥がれてないですね!結構耐久性あります。
      今日の夜にでも船底の写真を撮影して、記事に追記しておきます!

  2. 2023年6月21日現在の様子を追記しておきました。

    • エギンガーZ より:

      早速ありがとうございます。
      私も記事を参考に船底保護してみます。