蒋渕のA級磯でホゲた!【黒島 棚前】

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

捕れん!!

初の蒋渕エリアに仲間と遠征してきました!

上げてもらった磯は黒島の棚前という磯、二人だとちょい釣座が狭い場所なんですが、そんな事よりも活性が低くて・・・しかも地形的に掛けても捕れねぇ!

水温も高く19℃。なんでも数日前に黒潮の影響で一気に上がったんだとか・・・はたして!

スポンサーリンク

掛けるのは掛けるけど・・・

基本は低い足場から西を向いて釣るんですが、二人は入れないので、とりあえず高場に陣取って開始してみたんですが、ブレイクが竿2本半とか3本先になるので、これは沖で掛けるか、浮いた魚を掛けて強引に寄せてこないと捕れないな~という感じ。

しかし魚は超低活性!

磯際でしか食ってこないので、まあ飛ばされたり針伸ばされたり・・・すごくポツポツとですが、掛けるのは掛けてるんですけど、こりゃ捕れん!

磯も水中は貝類がびっしり付いてるタイプだったので、擦れたら一発みたいな感じ。

仲間と釣座を変わってもらって、この磯で唯一まともにやりとりできる釣座へ。

しかしそれでも、磯際は竿1本よりは向こう側。

もうちょい潮引いてたらな~。この日は朝10時満潮だったので、低い足場はギリギリ波が来るか来ないかって感じでした、前に出られない。

水深は手前で竿1本、沖で1本半くらいかな?

基本、手前のベタ底で繊細なアタリを出してくる程度で、掛けても針外れが多発。まあ小アジもナブラができるくらい湧いてたので、そのアタリも多かったです。

こりゃもう無理だわ~って事で、お弁当タイム!

やはり磯で食べるお弁当は最高・・・!これを食べるために来ているという説すらある!!

まあそんなこんなで、結局最後までコッパグレすら釣れず。

掛けたのがどんな魚かは姿が見えてないので、なんともですが、上品な突っ込みで明らかにグレっぽい!ってのも何匹か居たので、惜しかったですね~。

まあシンプルに、こういう状況でのやり取りの腕と知識が無かったですね~。でも渋いながら掛けるのは掛けたし、釣り的には納得がいかない部分は特になかったので、その点は満足!

次行くことがあれば、下げ潮の時に長靴履いて前に出て捕る!これが多分正解!

ちなみに平和卓也さんも過去に来ていた磯で、動画もあります↓

釣行データ

釣行日: 2023年12月30日 │ 場所: 愛媛県宇和島市蒋淵 │ 天候: 晴れ後曇 │ : 中潮(1日目) │ 水温: 19℃(黒潮が登ってきた為だそうです)