ま~た5連チャンでハリス飛ばされた・・・フカセ釣り!

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

年末の四国釣行前に、PEに入れるリーダーやらを試すのに生口島にフカセ釣りに行ってきたんですが・・・

コブダイがエゲツねぇ!

スポンサーリンク

まずはラインシステムを色々試してみる

さて、ラインシステムを色々試して見るために生口島までやってきました!

基本的にフカセ釣りのPEラインは、フロートとシンキングorサスペンドで使い分けてます。

今回は沈める方のPEラインのリーダーを何にするかって事で、シマノのナイロンショックリーダーを買って、こいつをPEとハリスの間に10mいれるか、5mにしてハリスを10m程度取ってハリスにウキを入れるかとかを試してみました。

結論から言うと、PE0.8号にリミプロのショックリーダー2号を10m入れればいいかな~という、まあ・・・面白くもない安定した所に落ち着きました。

リミプロのショックリーダーは50mで1000円するので、普通の150mで1500円くらいのナイロン道糸の方がコスパええやん?って思って、バリバスのVARIVAS磯サスペンドタイプの同号数も購入して、直線強度を試してみました。

両手に巻き付けてギュー!っと引っ張ってテストしてみたんですが、VARIVAS磯は普通に千切れたんですが、リミプロのショックリーダーは全然千切れねぇ!

ということで、値段なりの物ではあるだろうってことで、安心して使う事にしました。耐摩耗性能とかに関しては知りませんが。

スポンサーリンク

実釣!ハリスぶち切られ祭り!

さて釣っていく~!

ラインとかウキを色々試しながら釣りしてたんですけど、なんか今日渋いな?

20cm前後は普通に食ってくるんですけど、そこまで数釣れないし、魚がすごい冷たい。

急に冷え込んだとは言え、ここまで魚が冷たくなってるのは気になる所ですね。

まあそんな中でも元気よく食ってきてくれたのがこいつら・・・!!

半日やってただけで5回飛ばされました。

1回目はドラグフルロックでPEとナイロンの直結部分が弾け飛び

2回目は少し緩めたらドラグが止まらず根ズレで切られ

3回目は根を切った!浮かせた!と思ったらハリスに傷がついてたのか切られ

4回目はシンプルにチモトから飛ばされ

5回目は・・・なんだっけか、まあハリス切れですよ

強すぎるんじゃい!!

四国想定タックルでアテ2の1.25号にPE08でリーダー2号のハリスはグランドマックスFXの1.75でやってんのに・・・この有様!

シンプルに根がきっついんですよね。

多分立ち位置を変えたら取れたりするんでしょうけど。

こいつら・・・もう専用タックル組んで討伐してやろうか。

まあそんな感じで色々飛ばされながら遊んでたら、チヌもそこそこサイズが釣れてくれました。

こいつもよく引きましたけど、まあ・・・リーダー引きちぎられたりした後だったので、まあチヌはチヌやね~みたいな感じでした。

って事でお持ち帰りはこちら一匹!

久しぶりにライブウェルで生かしたまま持って帰り、血抜きして〆て更に神経締め。すぐに捌いて塩水処理した後に刺し身で食べましたが、プリップリの刺し身マジで美味しい!

寝かせて旨味を引き出した刺し身もいいですが、このプリップリの食感を楽しむのも最高ですね~。

カマと皮も塩を当てて、炭火で焼いて食べたら最高でした!

次回は多分四国!風吹かなければいいなぁ~。

釣行データ

釣行日: 2023年12月28日 │ 場所: 広島県尾道市 生口島(しまなみ海道) │ 天候: 晴れ │ : 大潮(3日目) │ 水温: 15℃