4月初旬のしまなみフカセ釣り!魚が猪肉に・・・?

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。

他の釣りの予定が潰れたので急遽フカセ釣りに行ってきました!

[釣行データ]
釣行日: 2020年4月4日│場所: 愛媛県大三島(しまなみ海道)│天候: 晴れ(強風)│
: 中潮│狙い(潮・時間・場所): -│水温: 13℃
スポンサーリンク

朝の時合に集中してなんとか1匹

35cm前後

35cm前後

ちょっと遅く出発して午前6時にポイント入り。満潮が朝の8時前くらい。潮の大きさによっては下げがダメなポイントなので集中して上げいっぱいまでの1時間半ほどやってチヌが1匹。

ウマヅラハギ

ウマヅラハギ

35cmちょいの良型のウマヅラも釣れましたが、そんなにキモがない感じです。3月22日に小佐木島で釣ったウマヅラは結構キモが入ってたので、場所によるんでしょうね~。

ちなみにこのウマヅラ、地元の柑橘農家さんが猪肉をくれるというので、お礼に受け取ってもらいました。

ていうか猪肉ヤバい!

2キロくらい頂きました。大好物なんですよね~。

大三島の猪肉といえば、2017年に初開催された「第一回日本猪祭り」でグランプリを獲得した事がある、とっても美味しい猪なんですよ。島には柑橘がたくさんあるので、それを食ってる猪が美味いのはそりゃ当然ではなかろうか?と、まあこれは自分が勝手に想像して考えてるだけの事なんですが。

しかし美味しくても地元の農家さん達からすれば居ないほうが良い害獣ですよね、畑の物ガンガン食われちゃうわけですから。あとカラスなんかも大変らしいです。しまなみには島と島を行ったり来たりしている渡りのカラスの群れなんかも居るみたいです。実際にすごい規模の群れを伯方島で見たことありますが、いやぁ、マジでビビる数ですよ。あれが畑にきたらと思うとゾッとしますね~。

ちなみに猪肉は塊でじっくりと焼くに限ります。薄くカットするなんてダメです。下手に調理せず猪肉そのものの風味を味わうのが最高なのです!味付けはペッパー&ソルト。赤でも白でもいいのでワインと共に頂きましょう!(個人の感想です)

サヨリ、コブダイ

サヨリ、コブダイ

さて、猪肉の話に熱くなってしまいましたが釣りの話に戻ります。

下げ始めをちょろっとやってみたんですが、やっぱりダメそうなので移動しました。それと同時に風も強くなってきました。

移動した先は悲惨でした…

コブダイに3発切られて一回はナイロンリーダーから飛ばされて遠矢を流されました。そして強風でバッカンが倒されかけて受け三郎に乗せてたアートレータが地面に倒れてガリガリと嫌な音をたて。潮は洗濯機かと思えば潮止まりから延々動かず。キャストしたら届く範囲でスナメリが猛烈にベイトを追いかけて水面を泳ぎ回っていました。

15時くらいまで頑張ってみたんですが…心が折れたので撤収しました。

スポンサーリンク

今回のまとめ & 使用したタックル

今回の魚は全部人にあげたのでお持ち帰りはなしです。

やっぱ急遽行くといい釣りができないですね~。ポイントの選定とかコマセの配合とかダメダメでした。準備って大事。

しかし猪肉を貰えたのが唯一の救いですよ!!タックルでも整理しながら猪肉で久々に一杯やりましょうかね~。

あ、あとあれですよ、福山(松永)でもコロナ感染者が出てますね。基本的に人混みには近づかず、誰かと会う時やお店などに行く時は必ずマスクの着用、そしてこまめに手洗いとうがいをしています。自分が感染するのも嫌ですが、自分から他の人に感染ってその人が亡くなりでもしたら…嫌どころじゃないですからね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました