久しぶりにダンゴを握ったらBOUZUでした

かかり釣り

夜の松永湾の防波堤でダンゴをニギニギしてみたらBOUZUでした〜。

スポンサーリンク

BOUZU!!

土曜日病院で行けないので、金曜夜にちょこっと出撃したのですが、いやぁ、準備不足!

まず、イカダ竿の穂先が10cmくらい折れてましてね。あー、前回そういや折ったままだったなー、なんて事を思い出しながら穂先詰めてそのまま使用。

ダンゴは、行きにタイム松永店で買えばいいやーと思って行ってみると、まさかの物が無いという・・・え〜、あのダンボール箱のやつ無くなってるやん。

しょうがないので安いフカセ用の集魚剤を一袋と、筏って書いてあるやつを一袋買いました。満潮までの3時間くらいなので二袋で十分です。

しかし集魚剤の選択が失敗でした。粘らねー。水面にポチャンと落とすだけで簡単に割れちゃいます。しこたま握り込んで、やさし〜く、そっと落して、なんとか3mくらいのの底まで落とせましたが、すぐバラける。ダメダメだ。

まあそんなんでも底に届いてるし、1匹くらいねー?余裕でくるやろー、と高を括っていたら、全然アタリが無い!

水面ではサヨリがパチャパチャやっていて、ベイトは活性がある感じでしたが、底のほうはまったく何も無し。

これは・・・水温が30℃こえてるせいだろうか?未だに大雨の影響が?この防波堤でチヌ釣りしてる人見たことないし、寄ってないだけか?

などと考えながら、もう諦めムードで満潮をむかえて、そのままアタリ一つなく撤収。

ダメだ・・こんなんじゃダメだ!

最近釣りがいい加減すぎる!やりたい釣りは沢山あるのに、どうも気合が入らない。

台風が過ぎて、暑さはましになるんでしょうかね。あー!フカセしてーなー!

コメント