タチウオテンヤでプチ敗北!F2〜F3がアベレージで数は出ませんでした

太刀魚テンヤ

ほぼ2年ぶりにタチウオテンヤに行ってきました!

[釣行データ]
釣行日: 2019年10月6日│場所: とびしま海道の沖合│天候: 晴れ│
: 小潮│狙い(潮・時間・場所): -│水温: –
スポンサーリンク

2年ぶりのタチウオテンヤ

夜明けにはもう船団が

夜明けにはもう船団が

今年のタチウオテンヤは豊後水道の予定だったんですが、風やら色々で近場に行くことになりました。

さて、用意しておいたフォースマスター600を使うときがきたようだ…!!

フォースマスター600には1.2号ラインを600mギッチリ巻いてます。

タチウオテンヤのロッドは持ってないので手持ちのライトジギングロッドを使用しました。

これも本来タチウオ用にいいかも?と釣具のポイントで去年買ったやつなんですよね。結局去年は瀬戸内はタチウオ全然ダメだったみたいですが。でも1回だけ行ったような行ってないような…タチウオジギングで30分くらい竿だしてヒラしか釣れずアコウ狙いに切り替えたような記憶が。

船で五目釣り!その後、横島(福山市)の漁師の浜売りに行ってみました!
船釣りに誘ってもらったので行ってきました! 釣行日: 2018年12月23日│場所: 愛媛県上島諸島のあたり│天候: 曇りのち雨│ 潮: 大潮│狙い(潮・時間・場所): 昼前の満潮前後│水温: - タチウオ釣ってたら謎の魚が! ...

自分はタチウオテンヤは個人の船で2年前に何度か行っただけで、本格的に行った事はないんですよね。なので今回は初チャレンジ!といった感じです。

移動中

移動中

まあ結果からいうと。

微妙な釣果!

タチウオテンヤ

完全に舐めてかかってましたねぇ……

自分は数も型も出せませんでしたが、上手い人はキッチリ釣ってるんですよね!これを目の前で見せられると腕の無さを痛感して若干の敗北感がある釣行と言わざるを得ない感じでした。

という訳で今回は釣行記事というよりは個人的反省会な記事になっております。

スポンサーリンク

反省項目

肉巻き過ぎスパイラルサンマ(タチウオ尻尾チューン)

肉巻き過ぎスパイラルサンマ(タチウオ尻尾チューン)

今回の反省点をざっくりまとめてみました。

型が出せない。サイズは指2~3本がアベレージ(4本がたまに出る)

F2~3がアベレージでした。反応がある棚を集中して攻めてましたが底を狙えば良型がでたんでしょうかね?わかりません。上は小型で底に良型といった図式がタチウオでも成り立ってるものなんでしょうかという謎。

何回か場所替えして良型が出てるポイントにも行ったんですが自分は釣ることが出来ませんでした。

小さいアタリが出るけど乗せられない

ガッツリと食ったらグッ!と手感度で伝わってくるので簡単にアワセられるんですよね。

でも、チョン!とかの小さいアタリって掛けられるのかがわからない!実際何度も挑戦したんですが結局そういった小さなアタリを掛けることは出来ませんでした。

使用したのがライトジギングロッドだったのも良くなかったかもしれません。アワせても真ん中くらいから曲がってしまってなかなか瞬間的にアワセを入れられませんでした。やはり専用ロッドで8:2とか9:1くらいの先調子のロッドだったらもっと掛けられたのかも!という気がしてなりません。

チョンチョンとタチウオが小さく餌の端っこの方に噛み付いてくる程度ならば、アシストフック(トレーラーフック)を付けたら掛かるのでは?と思って実際にやってみた所、これは効果あり?でした。

アシストフックに掛かって5匹くらいは釣れたんですが、しかしこれもアタリはグッ!とティップが入るくらいのアタリを掛けた結果アシストフックに掛かってたという感じなんですよね。なので小さいアタリにアワセたらアシストフックに掛かったと言う訳ではないので、効果のほどはといった感じです。

餌の付け方はスパイラルサンマにタチウオの尻尾を被せてアシストフックの長さと同じ長さでヒラヒラさせ、そこを噛ませるイメージ。

しかしアシストフックは食いが悪くなる等色々聞いてはいたんですけどね。逆にタチウオの尻尾とかアシストフックとか無駄なものを付けずにスパイラルサンマを薄く短く巻いただけのほうが食いがよかったのかもしれない…実際にそうやってた人も居たんですが、釣果を見てみると今回はなんとも言えない感じでした。

リーダーすっぽ抜け1回、リーダーをテンヤに直結した箇所のスッポ抜け1回

これは言い訳できない(笑

オフショアはやはり強度のあるノットでないとダメですね~。練習しないと!

テンヤを色々試しすぎた、正解がわからなくて迷走

色とか形。

まぁ関係ないだろうな…とは思っているんですけどね。釣れないと色々試しちゃって結局正解が分からなくて色々変えて…変えて…結局どれがいいんだ!とよくわからないまま終了した感じです。

今回使用したテンヤの中で「シマノ サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ」はイワシをつけるのはマジでゲキハヤでしたね。イワシを乗せてからパッチン!と留めるだけ。これを使用して1匹は釣ることができました。イワシしか食わなくて手返しが必要な時はいいかもしれません。

あとダイワ快適船タチウオテンヤSSの早掛スペシャルがお店で気になっていたんですけど結局買わなかったんですよね〜。小さいアタリばっかりだったからこういうのがあればチャンスが増えたのかな?

あと定番カラーは紫ゼブラとグローなんですかね?割と使っている人が多かった気がします。

パニックベイト…?そんなんあるのん?

タコベイトみたいなやつですね。これをつけた人が一時入れ食いのように釣っていました。

漁師さんが使っているのは知ってたんですが、テンヤに取り付けて使うんですね〜。初めて知りました。

気力切れ

長時間やってると気力切れしてしまう例のあれ。

釣れてないのに同じ動作を繰り返したり仕掛けを変えなかったり餌を付け替えなかったり。

お昼ご飯を忘れていったのもキツかった!

スポンサーリンク

今回のまとめ

合計17匹の釣果

合計17匹の釣果

アベレージF3でF4は1匹だけ

アベレージF3でF4は1匹だけ

子持ちでした

子持ちでした

今回は色々足りないことを認識させられる釣行でした〜。

まあ釣れるときは簡単に釣れるんでしょうけどね。でも釣れないときでも釣れないなりに満足の行く釣りができるようになりたいです!

とりあえず…

専用ロッド買わなきゃ!

まずはそこからですかね〜。まあ今年あと何回行けるのかわかりませんけど。

次いい結果足せなかったときに道具のせいに出来ないように道具は揃えておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました