強風でも生口島でフカセ釣り!外道でマダイ50cm![2月]

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

風速がエグい事になってましたが、風裏でフカセ釣りしてきました~。

スポンサーリンク

高活性でチヌとマダイがヒット

北西風が厳しい中、風裏で竿を出してきました。

エサ持ちイエローを底にスルスルで置いといたら、35cm前後のチヌがヒット。しっかり飲んでました。朝から高活性!

使用したウキはソルブレの銀桜Rの0。全層ホルダー60でハリス2ヒロノーガン。練りエサの重みで底まで沈める感じでした。

続いて練りエサでヒット。全然引かなかったので45cm前後のチヌかな~って上げてみたら、なんと50cmちょいのマダイでした。やっぱ底で餌を拾ってる奴はあんま引かないのかな・・・?

朝から適度にアタリが出続けましたね。

ただ、やり取り中の針ハズレと、素針を引くことが多かったです。アタリは明確に出るんですが、すぐに離すんですよね~。運良く掛かったと思えば、口の外側に針がかりしてたり・・・。

いいサイズを1匹、針ハズレでバラしちゃいました。あとはチヌでも足裏くらいかな~って重さでした。

スポンサーリンク

まとめ

今回の釣果がこちら!

今回は足裏サイズも一匹お持ち帰り。蒸し焼きにして頂いてみます。

マダイは50cmちょい。しっぽ畳んで先まで入れて52cmでした。これがチヌだったら本命で嬉しかったんですけどね~。しかし、思い返せば年なしとか当分釣ってないですね・・・何年前だろう釣ったの。

チヌはMAX38cmでした。マダイより良く引きましたね~。

今回は風裏を選んだとは言え、巻いてきた風が邪魔くさかったですね~。指先もかじかんで針結んだりとかノロノロでした。

しかし、針ハズレと素針引くのは今後の課題ですね~。途中から針をチヌ針の0.5号(ひねり有り)に変えてみたんですが、ちょっと掛かりが良くなったかな?それでも口の外側に掛かってましたが。

アタリも二通りで、モゾモゾした後に離しちゃうアタリと、ウキをピュン!って引っ張るアタリがありました。どちらも一瞬なんですよね~。前回もそうだったんですが、それを掛けてみたら、手のひらよりちょい大き目~足裏くらいのチヌなんですよ。やり取り中に外れちゃうんですが。

何年か前に同じような状況で苦戦した釣りを覚えているんですが、その時は棒ウキでガン玉打ちまくって、ガッツリ仕掛けを立てて、鬼速合わせでやり取りを超慎重にやってた記憶があります。それでも口切れしてましたが。まあ今はテニス肘が痛むので、腕を伸ばして魚の引きに合わせるとか、なかなか出来ないんですが・・・。こういう状況って、やっぱ柔らかくて曲げてるだけで仕事してくれる竿がいいな~って思いますね。予約してる鱗海リミテッドの06は果たしてどんな感じなのか・・・メッチャ楽しみ!!

釣行データ

釣行日: 2022年2月6日 │ 場所: 広島県尾道市 生口島(しまなみ海道) │ 天候: 晴れ時々曇り(強風) │ : 中潮 │ 水温: 10℃