坊主からのリベンジ!フカセ釣りで寒チヌ!![しまなみ海道 生口島]

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回も寒チヌ狙いフカセ釣り!!

祝日だった前日、沖磯まで行ってカサゴしか釣れず敗北・・・!潮見ずに行ったら若潮だったんですね~。という訳で潮通しが良いポイントを選んだんですが、居つける場所が無いのが逆に良くなかったのか、まるで生命反応が無かったです。朝は30分くらい上げだったんですが、そこはフグも高活性だったんですよ。しかし下げになってからが全然ダメで、手も足も出ませんでした。

という訳で、翌日陸っぱりでリベンジしてきました!

スポンサーリンク

下げは厳しく、上げは良い

7時くらいからスタート。

2時間弱は上げだったので、割と餌取りも高活性。しっかりと明るくなってから一匹目がヒット!しかしやり取り中に針外れ。最近ショートバイトが多くて針ハズレが多発です。

9時くらいから下げ潮になり、餌取りの活性が激落ち。潮も本命の右流れとは逆の左流れになり、かなり厳し目。

挿し餌が取られないので、棒ウキで延々と流していく作戦に変更。風で道糸が膨らんで、コマセのコースからは外れていたと思いますが、50mくらいでスパンとトップが消し込み、居付きと思われるチヌがヒットしてくれました!

まあまあ交通事故レベルのヒットでしたが、リベンジできたので良し!時刻は既に11時半。一匹目まで時間が掛かったのでホッとしました。

お昼過ぎ、足元を攻めていたらすごい瞬発的なアタリが多発。何度か素針を引きながらも掛けてみたら、グレみたいな泳ぎと突っ込みで1.2号ハリスを飛ばされました。激おこのチヌだったのか、はたまたグレ・・・40cm程度の小コブ・・・・・・釣り上げてないので何だったのか分かりませんが、久々にワクワクしましたね~。飛ばされると楽しい!

結局15時くらいの干潮までノーキャッチ。

潮が上げ始めてからは、1時間程度で3匹くらいポンポンと追加。まあポンポンと言っても結構渋かったですが。

ソルブレの桜匠スペシャルの5Bと宗ウキのLLの3Bを使って、ハリス2ヒロの中程に一発打って、1ヒロ程度はフリーの状態。ハリスは昼に飛ばされたのが怖かったので1.5号に上げ、針はグレ針5号。アタリはトップが少し沈ってから、20秒か30秒程待ったらグ~っと入り込んで行ったので、そこでアワセを入れました。

沈った段階で咥えてるんでしょうけど、そこでアワセると、やり取り中にまあまあ外れちゃうんですよね。スパン!と消し込むアタリで掛けても外れちゃうし、モソッとしたアタリを早アワセ入れても素針か針ハズレ。竿がアートレータの1号で強すぎるってのもあるんですが、以前仲間がアテ2の0で同じ状況だったので、マジの皮一枚で掛かってる感じなんでしょうかね~。ていうか、掛けてからのチヌの引きが強すぎるんですよ!すごいコンディションの良いチヌで、引きも強い!乗っ込みかよって感じの引きです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の釣果がこちら~。

どれもコンディションは抜群ですね!体高も厚みも有り、引きも強かったですね~。

下げで掛けた一匹が一番大きかったですね。ギリ40cm無い程度。

最近は管付きのアタリがマイブームで、前アタリからのグ~っと入っていく感じが楽しいです。

今日のお昼くらいは向かい風が結構強かったんですが、こういう時、管付きは風の抵抗があるので飛びにくいですね。ソルブレの銀桜だと、Rよりは通常タイプの重めのやつが要るな~と思いました。宗ウキだと競技超遠投とかですかね。何か強風向かい風の時用に、重めの5Bくらいが欲しいな~と思いました。まあ棒ウキ使えばすべて解決なんですけどね~。細いので風の抵抗関係なく飛んでいくので!

まあ、そんなこんなでチヌ釣り楽しんでおります。暖かくなってきたら他の釣りに浮気しちゃうと思うんで、今の内にがっつりフカセっておきます!

釣行データ

釣行日: 2022年2月12日 │ 場所: 広島県尾道市 生口島(しまなみ海道) │ 天候: 曇り時々晴れ │ : 中潮(若潮後) │ 水温: 10℃