倉橋島でちょいとフカセ釣り!あと刺身定食の美味しいお店見つけた!

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

江田島・倉橋島方面に遊びに行くことになったので、ちょいとフカセ釣り!

スポンサーリンク

水深12mでエサ取り地獄

やってきました倉橋島!

コマセは冷凍庫で保存してた、グレ用のやつとチヌ用のやつを混ぜ合わせたいい加減コマセ。

今回はPEにハリスを直結したラインシステムでやってみました。

今グレ用にラインシステムとかを見直している状態です。と言うのも、この前「日本一グレを釣る男。」という友松さんの本を買ったので、そこから色々取り入れて、自分の仕掛けや釣りのスタイルを改善していきたいな~という感じなんですよね。

ってことで!まず手始めにPE08にフロロハリス1.75号を10m、FGで直結。ウキスナップもカラマン棒もハリスに入れたラインシステムを試してみました。

ちなみに場所はこんな感じ。

以前からチェックしていた場所なんですが、知ってる人は知ってる有名ポイントなんですかね?足元から水深が10mちょいあります。

まず00のウキを使った沈めスルスルで開始。

が、しかし・・・

すんごいフグの数!

んで、潮が全然動いてない!まあ湾奥なのでこんなもんなのかな~と思っていたんですが、地元のオジサン曰く、「普段は上げだと湾の奥にゆっくりと流すよ~」みたいな話でした。たまたま潮がダメだったみたい。

しかしフグはかなりの活性。

生オキアミや剥き身は表層付近で瞬殺されたので、練りエサをつけて高速スルスルで仕掛けを入れていったら、ラインをピュン!と走らせるアタリ!30cmの小型サイズがヒットしてくれました。

しかし2匹目は結構苦戦しました。

竿2本の水深のどこでもフグが餌をとっていきます。

あれこれ悩んだ挙げ句、ウキ下2ヒロ固定の針上30cmにBのガン玉を一つ打って、上の棚を主に攻めてみました。偶にスルスルにして底に練り餌を入れて、チヌが底についてないかもチェックしてました。

2ヒロにした理由は、針上のBでハリスが馴染むまでにフグに餌を取られないギリギリの長さが2ヒロでした。2ヒロ半にしたら馴染む前にフグの餌食になる確率が高くなる感じ。

まあ3Bとか5Bでもっと早く立たせても良かったんですが、1ヒロくらいはフグが浮いてるのが目視できていたので、まあフグの下の層くらいを攻めてればいいかな~という、勘です。

ヒットは唐突でした。

特に挿し餌が残った~とか言う匂わせもなく、フグに餌を取られた次の一投でヒットしました。2ヒロ以下の中層で餌を拾っていたチヌが急に浮いてきて食ったんですかね?

サイズも40cm前後のまずまずと言ったサイズで満足!ラインシステムやウキも試せたし、潔くこの一匹で納竿!

お昼は帰り道にあった、「お食事処 かず」で頂きました。

口コミとか知らずに、たまたま見つけたので入ったお店だったんですが、このお店大当たりだった!!

刺身定食を頼んでみたんですが、その刺し身がすばらしい!

身に弾力があるにも関わらず、しっかりと味がある刺し身でした。特にカンパチの炙りは脂がのっていて美味しかった。

ご飯も良い炊き加減で、漬物の味も自分好みで良かったですね。味噌汁も濃すぎず、全体のバランスが取れていて非常に良い!

一つ一つがしっかりと美味しくて、食べた後に満足のできる、ハイレベルなお刺し身定食でした。

オススメだからみんなも行ってみてね!!

・・・

なんかグルメブログっぽくなってしまった!

釣行データ

釣行日: 2023年12月18日 │ 場所: 広島県呉市倉橋島 │ 天候: 曇 │ : 中潮(小潮前) │ 水温: 16℃

タックル