チヌ・グレ狙いでフカセ釣り&ライトショアジギングでヤズ3連発!しまなみ大三島

フカセ釣り

今回は自分のホームポイントである大三島でチヌ・グレ狙いのフカセ釣りです!

[釣行データ]
釣行日: 2019年10月26日│場所: 愛媛県 大三島(しまなみ海道)│天候: 晴れ│
: 大潮│狙い(潮・時間・場所): -│水温: –
スポンサーリンク

浮かせて釣る

集魚剤2袋にオキアミ1枚+JAの麦とコーン

この2袋にオキアミ1枚+JAの麦とコーン

前回・前々回と新規ポイントで本命坊主になっていたフカセ釣り。

前々回のチヌ狙いでは台風後だった為かまるで魚っ気がなく敗北。続いてのグレ狙いはグチャグチャな潮に翻弄され同調が上手くできず、潮が穏やかになったかと思えば良型サヨリの群れとハギ・フグのエサ取り祭りで指し餌がグレに届かず敗北。

そして最近は常々、チヌ釣りでの底狙い一辺倒を止めて浮いてるのも釣らないとダメだな〜という思いが強くなっていて、前々回から浮いているチヌも含めて数を出す練習をしています。

なので今回も2ヒロ前後の釣りを主体に「どうせならグレも狙おう!」と言うことで安定の大三島のホームに来てみました。

夜明け前はエギング

夜明け前はエギング

夜明け前にはポイント入りして道具をセッティング。夜明け間際まではエギングで本流を流す練習をしていました。まあ釣れたのはコウイカだけでしたが。

エギングタックルはフカセの合間にヤズを狙うために片付けずに置いておきます。

1ヒロ程度で食ってきた40cmちょいの元気なチヌ

2ヒロで食ってきた40cmちょいの元気なチヌ

夜明け間際からフカセ釣りを開始。

ヒロミ産業の電気ウキe-トビコンでまだ暗い中を流していきます。仕掛けは半遊動のハリス1号を2ヒロに、ヤフオクで買った工場直のグレ針4号。指し餌はオキアミの生。

まだ本流があまり走っていませんでしたが、緩やかな本流の流れに引かれる潮に足元から流していると、仕掛けが馴染んだくらいでチャリコ2連発。

朝一はアジが来るパターンが多かったのでお土産にと期待していたんですが、今回アジはありませんでした。

その後すぐ、同じように流していると浮きが消し込むアタリが連発!26cmまでのグレが面白いように釣れました。

この日は午前9時くらいが満潮。大潮周りだと上げが良くて下げがいまいちなポイントなので、アタリがある内に集中して数を稼ぎます。

手前の潮もコロコロと変わるので口オモリをつけたりしながら対応。途中1号ハリスを飛ばされたので1.2号に変更。途端にグレの食いが明らかに悪くなりました。しかしハリスを上げた影響なのか、大型の”何か”が居るせいかはわかりません。

ポツポツと木っ端や手のひらのチヌも釣れるんですが今ひとつ!といった感じ。なので指し餌を練餌にして仕掛けを立たせてみたところ、徐にウキトップが入っていくアタリ。

アワセてみるとワンテンポ遅れてゴンゴン下へ突っ込み始めました!

マダイかグレのいいやつか!?と思いながら、ハリスは上げたのである程度強引にやり取りできるな〜と思いつつも、針がグレ針4号のままなので身切れしちゃいけないと思い、ビビって2回ほどレバーで出しちゃいました(笑

しかし際に潜ろうとしないのでグレじゃないな〜と思いつつ、浮かせてみるといいサイズのチヌでした!

ここまででチヌも3匹釣れてグレもキープサイズを何匹か稼げたので、息抜きにヤズ狙いでライトショアジギング!

40cmちょい

40cmちょい

この日は普段は船がいないような所に船が入ってたので、いつもの地元のオジサンが「釣れとるか〜?」と見に来てくれた時に聞いてみると、どうやらヤズ狙いらしいとのこと。

表層には出てなかったけど船がいるならヤズも居るんだろうな〜と思い、20gのメタルジグをエギングタックルでフルキャスト。今回からエギングのPEを0.4まで落としたのでかなり飛ぶ!

ちなみにPEはよつあみのボーンラッシュです。

底をとってワンピッチでシャクっていると中層くらいでグングンという感触。エビったのかな?と思ってそのまま巻いているとどうやら魚っぽい。

途中までは難なく寄せてたんですが、釣られている事にようやく気づいたのか突然引き始めました。ロッドがかなりひん曲がってドラグもギャンギャン出されましたが、時間をかけてなんとかランディング。

まだ居るだろうなと思ってすぐにキャストすると連続ヒット!今度は強気にドラグを締め込んであまり走らせずにやりとり。ライトなエギングロッドとPE0.4号でも結構いけますね〜。

みんなのお友達、エソ

みんなのお友達

いつだってジグで釣れてくれるお友達。

持ち帰って食べてみようかと思ってたらフックを外すときに暴れて海へ帰って行きました。

40cm程度が3匹

40cm程度が3匹

結局、満潮を過ぎてからはフカセは微妙な感じになったので、ヤズを更に1匹追加して昼に切り上げました。

昼間のエギング

昼間のエギング

帰り際にちょこっとエギングをしてみましたが、エギを追ってくるのは15cm以下の小さい個体ばかりでした。

スポンサーリンク

今回のまとめ & 使用したタックル

今回の釣果

今回の釣果

今回の釣果はこちら。

殆ど朝の3時間程度での釣果ですね。上げ潮だけでした。

ヤズ

ヤズ

ヤズは3匹共40cmちょい。

釣り場で腸を出したときに胃の中をみて見たら、5cm程度の小さい魚がでてきました。食べているベイトがかなり小さいですね。今回使ったDUOのドラッグメタルキャストはシルエットも小さくてマッチ・ザ・ベイトだったかも。

チヌ

チヌ

42cm

42cm

グレ

グレ

26cm

26cm

脂が乗っている

脂が乗っている

今回は狙った通りの釣りが出来てよかったです!

まあ勝手知ったるホームポイントなので潮も流れもバッチリ把握してますからね。でもヤズが釣れるなんてついこの前まで知らなかったし、釣り方を変えた途端また違った視点で見ることになるので、何年経っても新たな発見があったりします。結局自分がまだまだ初心者だと言うことなんですね~。

あ、発見といえば。

いつも釣り場で合うオジサン。この日初めて年齢を知ったんですが、御年88歳らしいです。元気ですね~。足腰もしっかりしてるし、船で出てアジを釣ったり畑をしたりと精力的です。今回自分が釣ったヤズを見て、お孫さんの釣り道具からジグを持ってきて「今度ヤズを(船から)狙ってみる」と仰っていました。ジギングデビューですね~。自分も手持ちのジグを一つプレゼントしました。

釣れるといいんですけどね~。

さて、この翌日は船からの泳がせ釣りでハマチを釣りにいってきました!その様子はまた次の記事で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました