なんちゃって激荒【フカセ釣り】

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回は釣り用の冷凍庫に入っていた余り物で、マルキューの“激荒っぽい何か”を作ってみようと思います!

スポンサーリンク

別に安く上がるわけではないけど

まずは刺しエサ用のサナギ!

これは確かマルキューのやつ。

そしてカワハギ釣り用にスーパーで買ってあったボイルアサリのむき身。

そしてここにコーンの缶詰を入れます。

以前は80円しないくらいで売ってたので、よくコマセに二缶混ぜてました。一缶は包丁でザクザクカットして、もう一缶は丸々入れてましたね。

アサリが違和感しかないですが、まあ冷凍庫の余り物処理ですし。

チヌは雑食なので、なんでも食べるはず!

コーンは6缶入れました。

何回かに分けて使おうと思っているので、量は多めに作ります。

そして”チヌにこれだ!”も入れます。

ボトル半分くらいあったので、全部入れてみました。

更にサナギ粉を大量に投入!

で、完成ですね。

本当はコーンを少し干して脱水してから、サナギエキスをタップリ吸わせたりしたかったんですが、まあ面倒なのでこれでよし!

海水温が上がってエサ取りが増えてくると、コーンやサナギが刺し餌として活躍する場面も有るので、コマセの中にこいつをぶち込んで、そこから刺し餌を拾うのもいいな〜と思います。

まあ激荒が買えればいいんですが、毎回使うにはちょっと高いし……ガチ釣りの時しか入れられませんね〜。