冬の釣りキャンプに向けて「フジカハイペット(反射板付き)」を購入してみました! [釣りキャン△]

タックル

ゆるキャ・・・じゃなかった。

冬の釣りキャンプに向けて「フジカハイペット」という、キャンパーには大人気の小型ストーブを購入しました!

スポンサーリンク

フジカハイペット(反射板付き)

今回購入したのは「フジカハイペット(反射板付き)」で、値段は中国地方の送料込みで32076円でした。

注文から届くまで

注文は電話注文のみです。

公式サイトに注文受付専用の番号が書かれているので、そちらに電話します。

スマーティのフジカです
男性
しゅうちゃん@TSURERO

もしもし、フジカハイペットを一台注文したいのですが、納期はどれくらいかかりますか?

ビジネスウーマン
注文受付の人

今の時期なら、2週間ほどですね

男性
しゅうちゃん@TSURERO

そうですか、じゃ、黒の反射板付いてるやつ、1台お願いします〜

と言う感じで、納期もそれ程かからないという事で、1台注文しました。

ネットを見ていると、シーズンになると3ヶ月待ちで、冬シーズン終わってしまうやん!みたいな記事も見かけますが、注文したのが8月の21日、お盆過ぎた頃という時期だったので余裕でした。実際に2週間程で届きました。

注意すべき点としては、支払い方法が代金引換のみという点ですかね。届く前に、配達のドライバーさんから電話があります。

フジカハイペットにマストなアイテムも買っておきました

ネットで調べていたら、フジカハイペットに使うと便利なアイテムが色々紹介されてまして、中でもこれは無いとダメだな!という2つをAmazonで購入しておきました。

キャプテンスタッグのゴトク

ゴトクですね。フジカハイペットにはこのキャプテンスタッグのゴトクがピッタリなんだとか。経の小さい方を下向きにしてセットしてみます。

ストーブの天板?を2つとも取ってセットした状態。サイズ的にはジャストフィット!ってわけではないですが、少し遊びがありつつも、まあピッタリです。

天板の外側を付けて乗せた状態。干渉もせずピッタリです。

天板を全て取り付けてセットした状態。中央の円形の天板はちょっとグラグラしていて少し高いんですが・・・これ自分のだけかな?

まあそんな感じなので、ゴトクに干渉してゴトクも少しグラグラします。かといって鍋などを乗せられないほどか、と言われれば別にそんなことなく、普通に乗せられると思います。

タカギの燃料ポンプ

フジカハイペットは給油口が小さいということで、注ぎ口のノズル経が大きいポンプは入らないんですね。自動停止機能付きのポンプとか使えないんですよ。

普通の100円くらいで売っているやつは入るんですけど、せっかくなのでオススメされている、手動式の注ぎ口がガンタイプになっている物を買ってみました。

まずこちらが給油口とメーターです。

給油口の経は19mm。

購入したタカギのポンプの注ぎ口です。約13.5mm。

まだ実際に使ってはないんですが、こんな感じ。

受け皿は取り外し可能

3点ネジ止めしてあるだけなので、取り外し可能です。

まあこんなところですかね。シーズン直前になったらまた、いろいろ使用テストもしようと思っています。

スポンサーリンク

余談、釣りキャン△

冬シーズンは夏に比べて断然テントで寝やすいですよね。

気温も低いし湿度も低いし。日中も汗をかいてないから、ベタベタしてないので、寝る前にシャワー浴びた〜い!とかいうことが無いので寝やすいです。

しかし寒い!

と言うわけで、数年前から欲しかったけど、なかなか手が出なかったストーブ「フジカハイペット」を購入してみたんですよ。

キャンプには2種類ある

個人的に、キャンプというものは大きく分けて2つあると思います。

  1. キャンプ自体を楽しむキャンプ
  2. 必要に迫られてのキャンプ

前者はいわゆる普通のキャンプですね。

美味しいキャンプご飯を食べたり、野外で寝るという非日常感を楽しんだり。夜明けにバーナーで沸かしたコーヒーなんか飲んじゃったりする、いい感じのやつですね。

一方、釣りキャンプというと個人的には後者になります。

まず寝たくない!

だって、可能なら24時間釣りしてたいですもん。昼は昼の釣りをして、夜は夜の釣りをするんです。

寝てる間も惜しい!

でも寝ないと持たないですし、なにより眠気と戦いながらする釣りよりは、いい体調でする釣りのほうが楽しいですからね。ドラえもんの「ねむらなくてもつかれない薬」がマジでほしい。

そんなわけで、個人的な釣りキャンプは、必要に迫られて寝なくちゃいけないから寝る、というキャンプなんですね。

大きい車なら車中泊という選択肢もあるでしょう。しかし釣りのタックルなんか積んでたら、寝るスペースの確保も一苦労でしょうし(フカセ釣りの荷物の多さよ・・・)、どうせ寝るなら手足を伸ばしてノビノビと寝たほうが、疲れもより取れるというもの。

なのでテント泊!という訳です。雨の日はしんどいですが。

しかし、ホントはもっと余裕を持って、美味しいキャンプご飯(釣った魚で作ったり)とか食べたりしたいんですけどね〜。いざ行くとギリギリまで釣っちゃうんですよね。

その辺はまた、今後の課題と言うことで。

コメント