『ダイワ 20 エメラルダス AIR AGS 711M-S』インプレ&レビュー

エギング
この記事は約5分で読めます。

ダイワの『20 エメラルダス AIR AGS 711M-S』の使用感などを書きたいと思います。

素人であり個人の意見になりますので、ご注意ください。
2020年8月20日 : ロッドを使っているうちに感覚がまた変わってくるかもしれないので、この記事は随時更新中とします。
スポンサーリンク

インプレ&レビュー

自分は今までMLのエギングロッドしか使用したことがありませんでした。

711M-Sを手に持った時、「Mっていってもバリバリに硬いわけじゃないんだな~」という印象だったのですが、実際に使用してみると、「だいぶハリが強いな……」という印象でした。他にMクラスのロッドは持っていないので比べることはできないのですが、バットが結構強いです。

最大の売りである軽さについては言うことはありません。ショートレングスも相まって相当軽いです。しかしMXの711LMLを使用していたので、それに比べてどうかと言われると、特別軽くなったという気もしません。

エギをシャクった感じ

2.5号~3.5号まで、ダート系から抵抗系など色々使用してみました。

2.5号についてはシャクってもバッドに乗りません。ティップでシャクってる感じですね。しかし軽すぎてなにも感じないわけではなくて、快適ではないですが普通に扱うことはできます。

3号からちょっとエギを操作してる感がありますが、やはりロッドの強さの方が強調されます。3号メインでやっている人にとっては、このロッドは少し強いでしょう。

3.5号がもっとも扱いやすいサイズだと思います。キャストするにも深いレンジでシャクるにも、しっかりとエギを操作できます。

4号エギは持ってないので、またいつか手に入れたら使用感を書きたいと思います。

感度はどうか?軽量エアセンサーシートの使い心地

自分はあまり手が大きくはないんですが、このリールシートを握った感じは正直微妙ですね。リールシート自体がちょっと太いというか、握り込んだときのフィット感も今ひとつに感じます。MXのリールシートや新しいセフィアエクスチューンのリールシートの方が、まだ手に馴染む細さと形状だと思います。

アタリ感度や潮の重み、着底を捉える感度はロッド全体としてはハイレベルだと思います。

しかし、リールシートの野暮ったさが感度を損ねている部分もあると感じます。具体的には、「ソフトに握り込んでティップの重さ(存在感)を感じつつ、手元に感じる感度」という部分ですね。リールシートがもっと細身で手にフィットすれば、そういった感覚がもっと伝わりやすかったと思います。

今回エアセンサーシートがダウンロック式になったという事で、ブランクタッチが可能です。ブランクタッチはアタリ感度や着底の感度を高めるにはいいかもしれません。しかし、潮の重みを捉えるなら、やはりリールシートを違和感なく握れることの方が重要だと思います。その点に関して言えば、このリールシートの感度のバランスは、ブランクタッチありきのアタリ感度寄りになっている気がします。

まあこれは手の小さい人間の話なので、感じ方は人それぞれ、握り方なども人それぞれなので、完全に個人の感覚ですね。なのでその辺りの感覚が合わないのはしょうがないとは思います。しかしブランクタッチありきで使い方を限定されている感じはちょっとありますね。

ジグやルアーの使用感

ジグは10gから40gが扱いやすいです。ベストは20〜30g。

40gでもしっかりバットに乗せてキャストができますが、ロッドが短いのでキャストする時にしっくりきません。60gは投げられなくはないがちょっと厳しい感じです。7gから下はキャスト時にロッドに重みが乗ってない感じですね。

水中でのリグの存在感は1.5gまでは感じられました。それ以下は存在感がないです。今回2.5号のリーダーを使用していたので、細くすればまだ感じやすくはなるかもしれませんが。

スポンサーリンク

まとめ。3.5号エギをメインとしたオールシーズン対応型でバーサタイルなロッド

オールシーズンどんな場所でも対応できる、バーサタイルなショートレングスロッドだと感じました。

自分はエギングロッドを色々な釣りに使うので、エギングロッドのMってかなりバーサタイルなロッドだな〜という印象が強かったですね。バットパワーがあるので、シーバスやライトロックフィッシュ、ライトショアジギングなんかも余裕でこなしてくれます。

まあでも、今までMLでいろんな釣りを不満なくやっていたんですけどね。でもやはり、ランカーシーバスとか青物がヒットした時は「パワー全然足りね〜」って感じでした。

エギに関して言えば、2.5号〜3号をメインにしている方にとっては、少々ゴツすぎるロッドですね。快適ではないです。

逆に3.5号〜の重めのエギを使って、ディープでもしっかりとアクションさせたいと言う人には、Mクラスはマストだろうな〜と思いました。しかしショートレングスで取り回しがいいので、故に「オールシーズン」「どんな場所でも」といったロッドになっている印象です。

あえて「春か秋、どちら用か?」と聞かれたら、春用と答えます。まあMクラスなので。

今まで2.5キロまでしかアオリは釣ったことがありませんが、ぶっちゃけMLでも特に問題なく上げられたので、自分には春でもMクラスはオーバースペック気味に感じてしまいます。まあエリアや個体に寄って引きの強さは変わると思うので、一概には言えませんね。それにまだ3キロクラスをとったことがないですからね〜。本物のモンスターにはMLじゃ厳しいのかも。

とりあえず今のところはこんな感じですかね〜。これから秋イカのシーズンに入ったら、ガンガン使い込んでいって更に詳しくこの記事に追記していきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました