エメラルダスMX 711LML-S・E インプレ

エギング
この記事は約5分で読めます。

『エメラルダスMX 711LML-S・E』を購入して2年。エギングのみならず様々な釣りに使い込んできました。

色々釣り上げた2年間を経てのインプレです!

この記事は、2018.07.18に公開したものを2020年8月21日に新たに書き直したものです。
素人であり個人の意見になりますので、ご注意ください。
スポンサーリンク

エギングオールシーズン!そして様々な釣りに使えるバーサタイルなロッド

購入当初、この記事で「711LML-S・Eはギリギリライトゲームロッドって感じです」と書きましたが、その感覚は2年経った今も変わっていません。

2.5号〜3号のエギをメインに活躍する、超軽くて、曲がって、感度抜群な「バーサタイルなライトゲームロッド」です。

アオリイカに関しては2.5キロまでしか上げてませんが、ドラグを適切に設定しておけば問題なく捕れると感じました。春はML以上の強さが良いとか良く聞きますが、個人的には走らせちゃいけないシチュエーション以外ならMLでも全然問題ないのでは?といった感じですね。

掛けてからのファーストランを止めようと思ったらちょっと心もとない強さですが、ちょっとくらいドラグで出してもいいなら、春イカもまったく問題ありません。

シーバスや青物でもドラグを適切に設定しておけば、このMLクラスのロッドは割と大きな魚とも戦えます!!イカパターンのランカーシーバスを、ほとんどラインを出さずに寄せてきてタモ入れできました。まあ引きの強さは個体差にもよりますが、一つの目安として。

青物に関しては50cm弱のヤズくらいしか掛けてませんが、割と寄せてこれますね!!

秋のアオリシーズン。

新子サイズ〜1キロくらいまでを、磯・堤防などをランガンしながら沢山釣ってきました。

711LML-S・Eは新子サイズでもグングンといい感じに曲がってくれるので、小さなイカの引きでも楽しめます。そして白く視認性の良いソリッドティップは、新子のイカパンチや微妙なアタリまで、しっかりと情報を目や手元に伝えてくれました。秋にはベストマッチですね!

またショートレングスで軽量なので、取り回しががよく、ランガンには最適です!

リールシートは握りやすい

リールシートは細身でスッキリとしていて握りやすいです。自分はあまり手が大きくない方ですが、違和感なく握り込めてしゃくりやすいですね。

エギの使用感

2.5号から3号が使いやすいです。3.5号もキャストからアクションまで普通にこなせます。

合わせるリールは軽いものを

かなり軽いロッドなので、合わせるリールも軽くないとタックルバランスが悪くなります。シマノならC3000(C2500)サイズの軽いリールがいい感じですかね。自分は『シマノ 19 ヴァンキッシュ C3000SDH』を使用していますが、このロッドとベストマッチですね!超軽いです。

スポンサーリンク

まとめ。ガチでオススメのエギングロッド!!

個人的には、ロッドは細身で感度が良くて扱いやすい長さの物が大好きなんですよね。このロッドはそれらの要素をすべてハイレベルに満たしていると感じます。

秋の小イカも程よく曲がってくれてマジで楽しめますし、500gくらいまでならタモ無しでぶっこ抜けます。まあめっちゃ曲がりますが。

ガッチガチのパワーファイトをしたい人からすれば、大物が掛かった時に「曲がりすぎ~!パワー足りね~!」って思うかもしれません。

でもドラグさえしっかり調整しておけば、そこそこの大物でもしっかり捕れる事は間違いないです!まあでも、魚やイカを無理やり止めないと行けないシチュエーションもあるかと思います。そういった時はしっかりと走りを止められる強さのロッド(Mクラスとか)がいいとは思いますけどね。

日本全国、そのエリアやシーズンごとにエギングロッドに求められる要素は様々だと思います。そして使う人の好みもあります。そんな中で、この『エメラルダスMX 711LML-S・E』はライト寄りのエギングロッドの中で、かなりバランスの良い位置づけのロッドなんじゃないかと思います。

2020年8月24日現在、現行のエメラルダスMXには、このロッドより更に下のパワーのロッドもラインナップされています。秋イカに関してだけで言えば、そっちのロッドの方が楽しいのは間違いないです。しかし、そのパワーで春も秋も対応できるか?と言われれば、多分できないでしょう。そういった対応幅で言えば、このロッドが最も “何にでも対応できるロッド” の中で、最も軽くて細い、悪く言えば “弱い” 部類のロッドだと思います。極端な物言いになるかもしれませんが、これより下の強さだと、春イカには対応できません。

やっぱりこのロッドは個人的に、エギングロッドというより『ちょっと強めのライトゲームロッド』っていう方がしっくりきますかね~。まあ、楽しくて使えるロッドなのは間違いないです。大物にもある程度対応できますからね。

書けば書くほど書き足りなくて長くなっちゃいそうなので、この辺りでまとめると……

軽くて取り回しが良くて高感度で、秋メインに春も使えて、ジグもそこそこ投げられて、不意の大物にもまあまあ対応できるロッドが欲しいな~と思っている人!!

そんな人にこのロッドは超オススメのロッドです!!

こちらの記事でも詳しく書いてます↓↓↓↓

エメラルダスMX「711LML-S・E」と「83ML-S・E」を使い比べてみました!
2018年7月に追加でラインナップされた「エメラルダスMX 711LML-S・E」を予約してゲットしてたんですが、ようやく秋イカ相手に使うことができたので、去年メインで使っていた「エメラルダスMX 83ML-S・E」と使い比べて見ました! ...

コメント

  1. SepT より:

    正に今この2本のロッドのどちらを買うか悩んでいる者です。
    大変参考になりました!
    是非続きの記事を見てみたい物ですね♪

    • しゅうちゃん@管理者 より:

      コメントありがとうございます!
      たいして参考にならない記事で申し訳ないです・・・
      今週末にエギングに行く予定でして(風が不安ですが)、その時に使い比べて記事にしたいと思っています!ただ、あまりロッドに詳しくないので、初心者の感想程度になるかとおもいます(^_^;)

      しかし、個人的にオススメするなら迷わず711LML-S・Eをオススメします!83ML-S・Eとそんなに変わらないので、スペック的に尖ってる方が面白いと思うので!

      少し不安なのが、どの程度のサイズまでのイカなら抜き上げられるのかですね。83ML-S・Eで胴長20cmで割と怖かった記憶があるので、元経が0.5mm細くなった711LML-S・Eがどの程度なのか。次の記事で吊り下げテストもしてみたいと思います。

      あと、711LML-S・Eの方が長さが110mm短いです。公式の特徴説明にあるように、操作性重視と言われればそうですが、ランガンしながらいろんな条件でやるなら長いほうがいいですよね〜。83ML-S・Eでも、テトラの上からや、水面から5m程度の足場からのシャクリは、ロッドの長さまだほしいな〜!ってなってた記憶がありした。

      上手い方から見れば拙い説明になっていると思いますが、ご参考までに。

      • SepT より:

        お忙しい中、長文での返信ありがとうございます
        本日711LML-S・Eを購入しました♪
        悩んでいる中、背中を押してくださってありがとうございました!

        抜き上げ怖そうですよねー
        釣具屋さんで両方を触ってきたのですが、ティップも凄く細いですし同寸20センチは私は怖くてできなさそうです(^_^;)

        次回ブログ楽しみに待ってます♪

        • しゅうちゃん@管理者 より:

          購入されましたか!実釣が楽しみですね〜!

          今後とも当ブログをよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました