エメラルダスMX「711LML-S・E」と「83ML-S・E」を使い比べてみました!

エギング

2018年7月に追加でラインナップされた「エメラルダスMX 711LML-S・E」を予約してゲットしてたんですが、ようやく秋イカ相手に使うことができたので、去年メインで使っていた「エメラルダスMX 83ML-S・E」と使い比べて見ました!

注意! この記事は「エギング2年目の初心者が使ってみた個人的な感想」程度の比較になります。ロッドにもあまり詳しくはありません。イカパンチをビシビシ感じるぜー!とか、激流の中をドリフトさせながら・・・とか、そういった難しい事はしてないのですみません、簡単な感想文です。
スポンサーリンク

条件

なるべく同条件にしたかったんですが、リールいちいち付け替えるのもめんどくさいし・・・すばやく交互に使ってみたほうが違いがより分かると思い、リールは違いますが、2タックル揃えて交互に使ってみました。

711LML-S・E

ロッド : エメラルダスMX 711LML-S・E
リール : シマノ 16 ヴァンキッシュ 2500HGS
ライン : PE 0.6号
リーダー : フロロカーボン 1.5号

711LML-S・E

テンションフォール時のコントロールを意のままに行うことができる高感度「メガトップ」を採用。操作性を重視した7フィート11インチのレングスにティップはL、バットをMLに設定することで、2.5~3号のエギを使用したリズミカルなジャークでイカを誘うことが可能。繊細なティップは潮流の変化や小型イカのイカパンチも感知し、秋のランガンエギングに最適なモデル。 ダイワ公式サイトより引用

83ML-S・E

ロッド : エメラルダスMX 83ML-S・E
リール : シマノ 12 エクスセンスCI4+ C3000HGM
ライン : PE 0.6号
リーダー : フロロカーボン 1.5号

83ML-S・E

1.8号~3.5号までのエギに対応。ティップには感度と強度を備えた「メガトップ」を採用し、小型イカのイカパンチでもしっかり捉えることが可能な繊細且つ高感度設計。 ダイワ公式サイトより引用

スポンサーリンク

エギの使用感(1.8号~3.5号)

1.8号、2号、2.5号、3号、3.5号のエギを使ってみての、両ロッドの使用感です。エギはすべてヤマシタのエギ王シリーズ。

1.8号

711LML-S・E

使いやすいサイズ、キャストもエギの重みを十分に感じられ、ティップに乗せたキャストもバッチリ。シャクリ中は、上の号数に比べてエギの存在感をあまり感じないが、それでもちゃんと存在感がわかる。

83ML-S・E

使いにくい、711LML-S・Eを使用した直後の為か、やたらロッドが重くゴツく感じる。使えることはもちろん使えるが、快適ではない。

2号

711LML-S・E

キャストもシャクリもやりやすい、ティップに乗せたキャストもバッチリ。まだ少しロッドに余裕はある感じ、エギの存在も十分感じられる。

83ML-S・E

キャストもエギの重量を感じられ、ちゃんとロッドが曲がって投げられてる感じがするが、まだロッドが強い。

2.2号 追記 : 2018年9月11日

711LML-S・E

2.2号で8gのエギですが、バッチリでした、やりやすい!

711LML-S・Eで2.2号のエギを使った釣行記事はこちら↓

シャクったらのってた・・・じゃない!水平フォールで掛ける秋のエギング! [しまなみ海道]
昼から2時間程シャクってみました。 午前中のフカセ釣りの様子はこちら↓ 2時間で5匹の釣果! 午後からポイント入り。 午前中は大雨でしたが、午後からはパラパラと小雨がぱらつく程度。しかし塩分濃度は結構下がって...

2.5号

711LML-S・E

ベストマッチ。ティップに乗せたキャストもペンデュラムキャストもバッチリ。シャクっててエギの存在感が気持ちいい。

83ML-S・E

使いやすい。711LML-S・Eと違った意味でマッチしている。711LML-S・Eがエギの存在をバッチリ感じ取れ、自由自在にエギをコントロールできるような感覚に対して、こちらは711LML-S・Eより操作性を少しマイナスして、頼もしさがプラスされた感じ。

3号

711LML-S・E

3号もティップに乗せて投げられる、シャクリも余裕。思ったより問題なく使用できる。常用してもいい号数。

83ML-S・E

かなり使いやすい。83ML-S・Eは2.5号と3号がかなり使いやすい印象。

3.5号

711LML-S・E

ティップに乗せてのキャストはきつい、できないことはないが。シャクリも重い。3号が割といけた感じだったが、3.5になると急にキツイ感じになる。

83ML-S・E

ペンデュラムキャストは余裕、ティップに乗せたキャストもいける。ただちょっとキャストがダルく感じる。ベストマッチよりちょいオーバー気味。

スポンサーリンク

エギの使用感まとめ

使いやすい(キャストしやすい、しゃくりやすい)エギの号数は、711LML-S・Eが2号から3号(2.5号が個人的にベストマッチ)。83ML-S・Eは2.5号~3号になります。

2.2号などは使ってないのでなんとも言えません。そのうち使ってみて追記するかもしれません。

スポンサーリンク

吊り下げテスト

711LML-S・Eで水を入れた500gのペットボトルを吊り下げてみました、かなりギリギリですが持ち上がります。これ以上は怖くてちょっと無理な感じですねー。ちなみに、500gで胴長20cmくらいのようですが、これに胴体内の海水がプラスされるので、その辺りのサイズの抜き上げはかなり厳しいと思われます。

スポンサーリンク

両ロッドの違い

スペック的には711LML-S・Eのほうが、5g軽くなり、11cm短くなり、先経が0.1細く、元経が0.5細くなっています。詳しくは公式へ。

DAIWA : エメラルダス MX(アウトガイドモデル) - Web site
エギングロッドの基本性能を磨き直した新生「EMERALDAS MX」シリーズが誕生

基本的にこの2本のロッドは「別物なんじゃね?」というくらい違う感じがしました。ファーストインプレッションの記事で書いた、「83ML-S・Eはギリギリエギングロッド、711LML-S・Eはギリギリライトゲームロッド」という持った時の印象が、まさに使用してもそのままでした。

エメラルダスMX 711LML-S・E インプレ
エメラルダスMX 711LML-S・Eを購入してみました。 まだ使ってないので詳しいレビューはまた今度にするとして、持った感じや、手持ちの83ML-S・Eと比べて、どんな感じかなどインプレしてみます。 ↑更に詳しく比較し...

上に、使いやすいエギの号数を書きましたが、使いやすい号数というだけで、「そのロッドの特性によって感じるその号数の使用感」というのはまた別の物の様に思います。

まあ簡潔に言うと、

83ML-S・Eは頼もしい秋イカ万能エギングロッド、春もギリ行けるかも!」

711LML-S・Eは「秋イカオンリーで最高の感度と操作性!春は無理かも!」

みたいな感じですかね~。

スポンサーリンク

総まとめ、どちらかオススメするなら

これは断然「711LML-S・E」をオススメします。

まずね、軽い!

83ML-S・Eと交互に使っていて感じましたが、操作性が全然違う。キャストからシャクリまで、すべてが1段階軽いです。やはり軽さは正義・・・。その分、根掛かった時にロッドをあおったりだとか、そういった時に不安を感じるのは感じますね。あと抜き上げがやはり不安です、↑の吊り下げテストでも書きましたが、胴長20cm程度はまず抜き上げるのは無理でしょうねぇ。83ML-S・Eで「もう折れてもいいやチクショー!」って感じで限界ギリギリの抜き上げだったのを覚えています、なので711LML-S・Eでは間違いなく無理だと思われます。タモ必須ですね。

711LML-S・Eに合うリールの手番は、シマノでは2500~3000番ですかね。ハイギアでハンドルが長ければやりやすいと思います。今回、ヴァンキッシュ2500HGSを合わせてみましたが、ハンドルがもう少し長ければもうちょい快適だったのかな?という感じでした。

しかし、もはやライトゲームロッドですね。まあL(ライト)だからそりゃそうなんですが、メバリングロッドとかアジングロッドとか、ギリそっちの範囲に入ってるといった感じですね。

はい!まあこんな感じでね、下手くそな比較説明でしたが。

まあ兎に角、この2つの内、オススメするなら絶対に711LML-S・E!

という結論でした!

使用していく内に、また違った感想などが出てくるかもしれないので、この記事は随時追記していくかもしれません。
[初心者向け] 秋のエギング1年目で学んだ7つの事! [しまなみ海道エリア]
もうすぐ9月!秋イカシーズン突入です! ということで、しまなみ海道で秋エギングを去年1シーズンやってみて、そこから学んだことを書き出してみます。 注意!基本的に初心者が分かった気になって書いている物なので、間違っているかもしれません...

こちらの記事もあわせてどうぞ!

コメント