しまなみランガンエギング!やっぱ人多くてキビシーけど「あれ」をやれば釣果は確実!![2020年9月]

エギング
この記事は約5分で読めます。

連休真っ只中!!覚悟はしていたんですが…人めっちゃ多かった!

[釣行データ]
釣行日: 2020年9月21日│場所: しまなみ海道 大三島・伯方島│天候: 晴れ(めっちゃ釣日和)│
: 中潮│狙い(潮・時間・場所): 朝の干潮で磯に降りて数を稼ぐ│水温: 26℃(Windy)
スポンサーリンク

地磯メインにランガンエギング!!

さて、今回は釣り仲間のYさんと秋イカエギングをしてきました~。

基本的にこの時期にイカ釣ろうと思ったら干潮時がいいんですよ。なんでかっていうと、潮が引いてると海岸沿いずっと歩いてエギングできるので、釣れるポイントが増えるんですよね。

特にこの日は連休真っ只中で、防波堤なんて釣り荒らされた上に人がいっぱい!なので基本的に干潮際の海岸線や地磯を釣るのがベターな選択になる感じですね。個人的にはですが。

そんな訳でこの日は朝の6時が干潮。もうこのタイミングで数を稼ぐしかない!と思って、地磯へエントリーしました。

日が昇って明るくなってからが本番。

2.5号エギメインにキャストしてみると、釣れるには釣れるんですが型が小さいです。

どこの地磯もガチ勢の先行者が居て、もう釣られちゃった後みたいな感じでしたね~。まあ連休初日辺りから入られてるので、どのみちって感じですが。

というわけで、そんな中でも型と数を上げる秘密の方法……

ウェーディングエギング!!

もうこれしかないです。ウェーダー(胴付き長靴)を履いて海に入ってエギングをするんです!

「ボートならまだしも、ちょこっと海に入っただけで陸とそんなに違うか?」と思うじゃないですか?全然違うんですよこれが。

基本遠浅でシモリが点在しているようなポイントはウェーディングで最高のポイントです。船外機付きのボートだと浅くて入れず、かといって陸からはちょっと離れてるというポイントが狙い目。

ウェーダーを履いて海に入ってエギングすると、手前までしっかりとイカをサイトで確認しながら抱かせる事ができます。なにせ手前までまだ海の中ですからね~。陸からだと手前はもう浅くて、着いてきてるのにもう回収しなきゃ~みたいになっちゃいますよね?でも足元まで海なら、自分の体の真正面で延々と抱くか抱かないかのイカとの駆け引きをする事が可能!!

そして海岸でやる場合って目線が低いんですよね。なので偏光レンズをつけていたとしても、キャストした半分の距離程もイカのチェイスを確認することが困難な場合が多いと思うんです。というわけで干潮時の海岸沿い、又は地磯を打っているアングラーも、目視範囲外で追ってきていたイカは見落としがち。沖ではエギを追ってるのに手前までは追ってこないという状況ですね。もしくは沖にあるシモリの側から離れないとか。そういった状態のイカも、自分が膝や腰まで海に入って行けば、グッと距離が縮まるはずです。

このように、ウェーディングは普段入れない場所を打てるというだけでなく、サイトで掛ける秋イカの釣りには最適なんですよね。

あ、あと一つコツというかポイントがあって。海の中に乗れるシモリがあれば上に乗った方がいいです。目線が上がってより遠くのイカが見えますからね。ここマジで大事ですよ!

今回小さい型ばかりの中でも、胴長15cmちょいくらいのを2匹程掛けて1匹はキャッチ(1匹は身切れ)したんですが……ウェーディング中なので釣り上げたイカをどこかに置くことができず、そのままエギに吊るしてジップロックを開けようとしていたら、イカジェットで空中脱出されちゃいました(笑

そんな感じでウェーディングエギングを楽しんでいたんですが、すぐに上げ潮になってガンガン水位が上がってきちゃって、あんまりやる時間がなかったですね。

なのでここからは普通に陸っぱりをランガンエギング。

場所を変え島を変え……でもどこも人だらけ。

空いてるポイントでちょこちょこ竿を振ってみるんですが、どうにも小さい型ばかりだし、数が全然いない!

という訳で早々に諦めて、お昼に納竿としました。

冷えたエギが出てくる『釣中』の自動販売機!!

冷えたエギが出てくる『釣中』の自動販売機!!

あと帰りに因島の釣中という釣具屋さんに寄ってみたんですが、外にエギが売ってる自販機がありました!850円だったかな?ちょっと安いですよ!活餌も売っているようです。この日はちょうど品替えの最中でした。

ちなみに公式サイトはこちらの模様。ファミマにもこの自販機置いてるのか……要チェックや!!

しまなみ方面は因島 釣具・釣えさの 釣中
スポンサーリンク

今回のまとめ & 使用したタックル

ランガン中に発見した大鯛(目測80cm弱)の死骸

ランガン中に発見した大鯛(目測80cm弱)の死骸

今回は釣果的にはちょっと物足りない感じでしたが、まあ連休の真っ只中にしてはそこそこ釣れたんじゃないかと思います。

やっぱウェーディングが強いですね~。でも危険も伴うので、ウェーディングベストなどの安全装備をしっかりと整えて、できれば2人以上でやると安全だと思います。胴付き長靴は転んで水が入ると足から浮くって聞きますからね~。怖いです。

とりあえず来週もエギングの予定なので、また次回。

それでは!!

今回使用したロッドのインプレ記事はこちら↓↓

『ダイワ 20 エメラルダス AIR AGS 711M-S』インプレ&レビュー
ダイワの『20 エメラルダス AIR AGS 711M-S』の使用感などを書きたいと思います。 素人であり個人の意見になりますので、ご注意ください。 この記事は随時更新中です。 2020年10月8日 : 「秋シーズンで使用した感想」を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました