ミドルゲーム(ミドゲー)に最適なジグヘッドを考える [尺ヘッド][ボトムドライブ][A.W. LOCK HEAD]

タックル
この記事は約5分で読めます。

ミドルゲーム(ミドゲー)に最適なジグヘッドについて考えてみました。自分用に書いていた適当な文章なので、ツッコミどころがあってもスルー推奨。

スポンサーリンク

尺ヘッド・ボトムドライブ・A.W. LOCK HEAD

使用するワームは28mm〜75mmくらいまでを想定。具体的にはグラスミノーss(1/8″ / 28mm)〜スワールテールシャッドXG (2.8inch 約7.5cm)。

5g 7g 10gの3サイズを基準にラインナップがあるジグヘッドを選定。

小さいワームを使用するので、シャンクが長いジグヘッドは除外。ワームキーパーが大きすぎる物も除外。

各ジグヘッドの詳細と、ワームセット例。

JAZZ 「尺ヘッド Dタイプ」5g 7g 10g

尺ヘッドには大まかに、ダートに特化したDタイプと、リトリーブに特化したRタイプがある。両方ともウェイトの刻印あり。

Dタイプは1.5g〜10gまでサイズ展開されており、太軸で強く、シャンクも短い。ミドゲーに必要な要素を十分に兼ね備えだジグヘッドで、自分も愛用している。ショートシャンクでありながら、ヘッドの形状が矢じり型の為、全体のバランスが取れており、頭でっかちになっていない感じがするのも、個人的には良いと思っている。

ワームキーパーは付いていないが、リフトアンドフォールで使う場合、ズレは気にしなくてもいいだろう。ただ、ダートで使う場合はカツイチの『バーサタイルキーパー S』を使ってズレ防止をしている。

矢じり型の形状の為、スローにフォールさせたい場合には向かない。リトリーブでは、ある程度早く巻くとバランスを崩したり、横にズレたりする。又、レンジキープの能力も他の2つには敵わない。シャンクが短い為、大き目のワームをセットすると、フックポイントがワームの前側に寄る。テール側から食ってくる魚の場合、フックまで口に入りにくいのではないかという懸念がある。

5g+グラスミノーSS
7g+グラスミノーSS
10g+グラスミノーSS
5g+グラスミノーS
7g+グラスミノーS
10g+グラスミノーS
5g+グラスミノーM
7g+グラスミノーM
10g+グラスミノーM
5g+スワールテールシャッドXG (2.8inch 約7.5cm)
7g+スワールテールシャッドXG (2.8inch 約7.5cm)
10g+スワールテールシャッドXG (2.8inch 約7.5cm)

カツイチ DECOY「ボトムドライブ」5g 7g 10g

ミドルゲームで検索すると、色んな所でこの『ボトムドライブ』が使われている。メーカーサイトにも”ミドルゲーム完全対応”とある。

5g7gはフックサイズが2つ用意されている。10gは1つ。

5g #4、#3
7g #3、#2
10g #2

アシストアイも搭載されているので、トリプルフックやブレードを取り付けるのもよし。

ウェイトの刻印がないのが欠点。

5g#4+グラスミノーSS
10g+グラスミノーS
10g+グラスミノーM
10g+スワールテールシャッドXG (2.8inch 約7.5cm)

コーモラン(Cormoran) AQUA WAVE「A.W. LOCK HEAD」4.5g 7g 10g

0.3g〜10gまであるジグヘッド。4.5gからはフックサイズが#4しかない。ウェイトの刻印あり。5gはサイズに無く、4.5gが代わり。

ワームキーパーは夜光仕様で、バイトマーカーにもなっている。

10g+グラスミノーSS
10g+スワールテールシャッドXG (2.8inch 約7.5cm)

尺ヘッドRとランカーヘッドについて

尺ヘッドRタイプは2021年2月現在、5gまでしかラインナップされていないが、Rタイプのヘビーウェイト版とも言える『ランカーヘッド』が存在する。こちらは7g、10g、13g、16gのサイズ展開があり、Rタイプの5gと合わせれば一通りのサイズが揃う。

しかし、ランカーヘッドにはアシストアイが付けられているのに対し、通常のRタイプにはそれが無い。アシストフックやブレードを取り付けないのならば、さほど気にしなくていいと思うのだが、個人的には統一感に欠けると言う点が気になった。今回は手に入らなかったので除外するが、今後試してみようと思う。

スポンサーリンク

まとめ

グラスミノーSSをセット出来るのは尺ヘッドだけで、他2つはかなり無理があった。

しかし大きいワームになるにつれて、フックポイントがワーム頭側になってしまう為、尺ヘッドが一番バランスが悪い感じになった。

グラスミノーSSを使わないのであれば、ボトムドライブが一番いいかなと思う。5g7gはフックサイズが2種類あるので、全て持っていくと嵩張るのがデメリット。しかし、ゲイブ幅は殆ど同じでシャンクの長さが違うだけなので、個人的には大きいフックサイズだけあればいいと思う。

A.W. LOCK HEADについては、アシストアイが無いのと、ヘッド形状がリフトアンドフォールに向いてないので、ボトムドライブのほうが良いかなという感じ。

今までこのボトムチョンチョンの釣り(ミドルゲーム)は、JAZZの尺ヘッドにグラスミノーSかSSでやっていた。しかしミドルゲームで検索してみると、スワールテールシャッドXGなど、自分からしたら結構大き目のワームをみんな使っているみたいだ。今後大き目のワームを自分も使ってみたいので、やはりワームのフックポイントを考えた上で、試しにボトムドライブを常用してみようと思う。

現状こんな感じで落ち着いたが、また何かあればこの記事に追記していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました