キザクラ「Z-BOX NEO」がガン玉&針ケースとしてオススメ!

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

キザクラの2024年の新製品に「Z-BOX NEO (ゼンソウボックス ネオ)」という小物ケースがあるんですが、これが割と好みだったので紹介します!

スポンサーリンク

Z-BOX NEO

以前から有ったZ-BOXがNEOになって登場!

ということで、ラインナップはタイプ1~6の全6種類。

タイプ1〜6の何が違うかというと、マス数や深さですね。

自分が今回買ったのはタイプ6で、浅底6マス×浅底9マスの使用で高さが24mmと最も薄い物ですね。

私が長年愛用している「がまかつ クイックケース GM1437」とほぼ同じ薄さ!

このタイプのケースは各メーカーから発売されていますが、GM1437が一番薄くて個人的には大好きです。

今回はそのGM1437と同じ厚さという所が気に入って購入しました。

ちなみにGM1437はこんな感じで、9部屋の物を2つ合体させて、両面9部屋でガン玉と針ケースとして利用しています。

欠点があるとすれば、ベストのポケットの中で、ケースの蓋が偶に開いちゃう事があるんですよね。ガン玉がベストのポケットの中に散乱します。

まあ頻度的には年に1回か2回あるか・・・ってくらいなので、あまり気にしてません。

ちなみに、今回はここの蓋が壊れちゃったので、新調しようと思っていたタイミングでした。

GM1437では、針をいれる部屋にダイソーのマグネットシールを貼り付けてます。

針をマグネットに固定しておけば、ケース内でシェイクされて針先が舐める事態を防止できます。

ベスト内でフタが開いちゃった時も散乱しないで済みますね。

しかし、このZ-BOX NEOは両面9部屋がラインナップに無いんですよね。

タイプ6は片面9部屋で、もう片面が6部屋というタイプなんです。

9×9があれば一番よかったんですけどね~。

でも最近、針は袋に入れたままで、汎用でグレ・チヌどちらにも使う遠投ハヤテXを針ケースに入れているだけなので、針は6部屋あればいいかなって感じですね。

ちなみにガン玉は、5B・3B・B・G1・G2・G3・G4・G5・G6・G7を入れています。

5Bと3Bは同じ部屋にしておいても、サイズ差でどちらがどちらか一目瞭然なので、迷うことはないです。

2Bと4Bはあまり使わないので、組み合わせで再現できるように、ケースの横にラベルを貼って忘れないようにしています。

ちなみに、テプラがあるとこういった整理整頓に超役立ちます!

整理好きには是非テプラを買ってみて、使ってもらいたいですね!捗るぞ!

ラベルも貼って完成したので、現場で使ってみました。

蓋の開けやすさはちょいとGM1437に劣りますが、まあ問題なし。

両面一体型なので、裏面にアクセスしてフタの爪が手元にくるように回転させるには、左右回転させないといけないのが難点。上下方向に回転させると、爪が手元と反対になっちゃいます。ここが唯一欠点と言えば欠点。動作としては上下方向へ回転させたほうがスマートなはずなんですよね。長方形の物体なんだし。

ちょっと丸みを帯びた作りなので、ツルッと滑って海に落としちゃわないかも心配ですね。

もうちょっとケースの縁がグリップすれば安心ですかね~。滑り止めテープとか巻いてもいいかもしれません。

https://www.kz-kizakura.com/product/z-box-neo-%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%8D%E3%82%AA

コメント

タイトルとURLをコピーしました