「シマノ 22ベイシス 1.2号530」ファーストインプレッション

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

22ベイシスきたー!!

という訳で、まだ使用はしてないんですが手に持った感じとか見た目とかをどうぞ!

スポンサーリンク

シマノ 22ベイシス 1.2-530

さてようやく来ましたベイシス!

シマノの箱は最近ダンボールになってますよね。個人的にプラよりこっちのほうが処分もし易いし、とてもいいと思います!

竿袋。

今回のロゴがこちら。

なんかNFTのベイシスっぽいですよね?好き嫌い分かれそうです。

んでブランクスの背にデカデカとパラボラチューンのロゴが・・・う~ん。個人的にはこういうの気にしないんですが、気にする人目線でみると、これはダサいのでは・・・?

コアブランクスです。

竿尻。

ちょっと接着とかお粗末な感じもでてますね~。まあ値段も16に比べて結構下がってますし。

Xガイドの注意点ですね。しまう時に叩くようにして仕舞っちゃうのよくやるんですが、本当はよくないんですよね。でもやっちゃう。自己責任!

リールシート。

上が22。下が16です。16は1.5号です。

ちょっとスッキリした印象ですかね。滑り止めっぽいスリットもついてます。

ちなみに16の方には塗装にラメが入ってますね。

22がラメなし。

左が16、右が22です。

4番からの色合いがかなり違います。22はかなり紫っぽい。

左が16、右が22です。

見た目に関してですが、ちょっとチープになったような印象を受けますね。個人的には16ベイシスの方が高級感があって好きです。

しかし実際値段も安くなってますし。まあブランクスの性能的に落ちてなければ、個人的にはどうでもいいかな~って感じです。実釣性能そのままに塗装落として値段も落としてくれた~みたいな感じなら、個人的にはこの方向性は賛成です。

とりあえず持った感じは、「ふ~ん」って感じ。まあ竿は実際曲げてみないとなんとも言えないので、とりあえず使ってみたらまたインプレ書いていこうと思います!