1月の佐木島でチヌ狙いフカセ釣り!寒には厳し目の島!

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。

年明けから風が強かったですが、4日に収まるタイミングで釣り仲間と佐木島へ行ってきました~。

渡船で磯には降りたことがあったんですが、フェリーでの上陸は初めて!!佐木島はサーフが多くて浅いとは聞いていたんですが、聞きしに勝る遠浅っぷりでした。

スポンサーリンク

佐木島は高水温の時期がいい説

とりあえず前日にコマセやタックルを準備。

冷凍庫の余りコマセと米ぬかとか色々混ぜたグチャグチャミックスで挑みます。

あとウキスナップのストックが無くなってたので、まとめて購入。

この『スーパーラインスベル』、いい値段しちゃうんですが、個人的にお気に入りのウキスナップなんですよね~。

釣具屋さんになかなか置いてなかったんですが、タイム福山本店で奇跡的に発見したので買い占めました。まあAmazonなら普通にあるんですけどね。

さて、朝一のフェリーで上陸後、釣り場に到着。

ど干潮でしたが、足元から2ヒロくらいあって、一見するといい感じの場所でした。

しかしジグで色々チェックしてみたんですが、底質はサーフでストラクチャーも殆ど確認できず、70mくらい沖までは延々と2ヒロの超ノッペリ釣り場。本流も遠いので、低水温時の回遊の絶対数はあまり期待できそうにない場所。しかし潮は通っていてベイトも確認できたので、まあなんとかなるかな!って感じの場所でした。

潮は左右に交わす流れで、ボチボチ流れていました。底質はサーフだったので、得意の棒ウキ底ズルズル釣法(挿し餌オキアミ)で難なく1匹ゲット!

2匹目も掛けたんですが、なんとハリス切られちゃいました・・・・・・

掛けた瞬間、魚が反転した感触が一瞬あったんですよね~。多分その時にヒレかどこかに擦れちゃってたんですかね。1.2号ハリスでレバーで出しながら、割とやんわりファーストランを去なしていたつもりだったんですが・・・・・・いやデカかった。今の所、これが今年一番悔しい出来事です!w

その後潮が変わって微妙な感じになっちゃったので、より良い場所を求めて移動。

しかし島全体が遠浅で、割とポイントが無い・・・・・・正直、強風後&低水温ではかなり厳し目な島ですね。

結局移動した先も雰囲気が無くて、釣果もゼロ!

ポカポカ陽気で春のような過ごしやすい一日だったんですが、結局釣果は1匹だけという厳し目な釣行でした。

スポンサーリンク

まとめ

いや~。

寒ですね!!

ちょっとまだ水温がある時期の気分で行っちゃったんですけど、こんなお気楽気分で行っちゃダメですね!

まあ今回は、寒波の強風後っていう状況がかなり悪かったのかな~って思いましたね。

しかし、これからの時期は寒チヌモードに切り替えて、コマセや場所選びをしないといけませんね~。そのうち痛い目見ちゃいそう!!

そういや確か、去年も2回程痛い目を見たような・・・・・・↓↓↓

釣行データ

釣行日: 2021年1月4日 │ 場所: 広島県三原市佐木島 │ 天候: 晴れ(強風後) │ : 中潮 │ 水温: 13.5℃(実測) │狙い: –

タックル

[ロッド]
シマノ 19 リンカイ アートレータ 1号530
[リール]
シマノ 20 ハイパーフォース コンパクトモデル PE0815D XXG [インプレ記事]
[ウキ]
遠矢ウキ チヌSP 400-8 (G2を板鉛で0に調整済み)
[ラインシステム]
TSURIKEN ファステック0.8号(道糸)
VARIVAS バーマックス磯 フロートタイプ 1.75号(中ハリス)
シーガー1.2号(ハリス)
[ハリ]
グレ針3、4、5号
チヌ針1号

コメント

タイトルとURLをコピーしました