水温一桁でフカセ釣り!長潮の下げで苦戦するも、なんとか40アップ1匹 [しまなみ海道]

本記事のリンクには広告が含まれています。

フカセ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

海水温低っ!!

水温9.6℃くらいで、日中にギリ10℃いくかなって感じ。そして長潮の下げで花粉襲来というトリプルパンチ!案の定厳しかったですが(花粉症的にも)、なんとか坊主は逃れました。

スポンサーリンク

久々の大三島でフカセ釣り

夜明け前からポイント入り。準備完了した後Youtube見て時間を潰しながらのんびり。

今回はマルキューのスーパーハード買ってみました。

ハリスはグランドマックスFXの1.5号。今シーズン生口島で大物をバラして以来、なんか慎重になっちゃって高級ハリス志向になりつつあります。

朝マズメのタイミングではフグがちょこちょこアタリを出していたんですが、8時くらいからなんの音沙汰も無し。

沖からの潮も通っておらず、目の前でグルグル回る潮。そしてグルグル回ってるので2枚潮になっていました。

水深は竿1本半。上潮は緩いながらも目まぐるしく動くので、全然コマセと合わせられている感じがしません。ピンとこない感じの釣り。

という訳で、この前購入しておいた宗ウキの「超遠投 競技 1号」を使用してみました。

仕掛けも上潮に取られてグルグル回るんですが、練りエサでハリス1ヒロくらいを這わせてブレーキにしつつ、比較的複雑になっていない潮筋からコマセと仕掛けを投入。

仕掛けが紆余曲折を経て駆け上がりに差し掛かった所で、ウキが静かに引き込まれるアタリ。アワセてみると確かな重量感!

これをバラしたら確実に心が折れるので、慎重にやり取り。なんとか無事にタモに入ってくれました!やった!

今回針はナノグレを使ってみました。ショートバイト掛かりやすいのかなって思って。実際どうなのかまだ分からないですが、刺さりはすごくいいですね。

居付きっぽい?丸っとしてます。

この後は良型のサヨリが1匹だけ釣れたり、人差し指くらいのフグが釣れただけでした。チヌはこの一匹だけでしたね~。

1日粘るつもりでしたが、お昼前に何故か強風が吹き始めたので、釣れたからいっか~って感じで撤収。Windyだと風速4m程度のはずだったんですが、体感では6m~7m程度ありましたね。

スポンサーリンク

まとめ

なんかエサ屋さんに行ったら、「もうチヌが乗っこんでいる」という情報もあったんですが、まあそんな事はなかったですね。毎年海がおかしい~異常だ~とか言いながらも、なんだかんだ乗っ込みは4月後半くらいからですね。まあケツが赤いのを変な時期に見ることも多いですが。

しかしこの水温でこの潮回りは本当にキツイ!今回は場所の選択もミスった感ありましたが・・・まあ釣れたのでOK!

という訳で、陸が厳しいなら海に出ればいいじゃない!って事で、翌日はボートで出船してきました。まあ・・・なんだったら陸の方が釣れたんじゃね?ってくらい厳しい釣行だったんですけどね~。

釣行データ

釣行日: 2022年3月12日 │ 場所: 愛媛県大三島(しまなみ海道) │ 天候: 晴れ、薄曇り │ : 長潮 │ 水温: 9℃