フカセ釣りの棒ウキのあれこれ [遠矢DP補修&4mm替えトップ購入。黒魂BS自立・ベガスティック タフ 遠投ロングに4mmウキトップ装着改造]

釣具DIY
この記事は約3分で読めます。

最近やった棒ウキ関連の改造とか補修とかをまとめてみました。

スポンサーリンク

棒ウキあれこれ

前回のフカセ釣行でアワセからすっ飛んできて足元に激突して塗装割れちゃったので補修。

エポキシ。筆はダイソーの筆ですね。使い捨てにできて便利です。

こんな感じでくるくる回しながら筆でぬります。

……なんか分厚くなっちゃったけど、まあいいや!

4mmの替えトップ購入

Amazonで2000円くらいで売っていたので購入してみました。10本入り。

塗装は手作業なんでしょうね。ちょっとバラツキがありますが、まったく問題ないです。

長さはほぼぴったり。

太さも表記通り。

下側の端は穴があいているので、浮力を小さくする為の芯を入れられます。

ちなみにこちらが…遠矢グレSPだっけ?あれのトップですね。こっちは0.1くらい太いです。途中で継いであって上の方は一回り細いです。3.6mmくらいだったかな。

300mmをそのままつけた状態です。ちょっと長すぎるのでいい具合の所でカットして使用します。

100mmカット。

やっぱDPの長さは個人的に150mm~200mmくらいがちょうど良い気がしますねぇ。まあトップは状況によって色々な長さを使いますが。

ちなみにこちらが遠矢グレに付属していた、ウキトップに入れる芯ですね。アクリル?そこそこ曲がります。

こんな感じ。

「ベガスティックタフ遠投LONG」と「黒魂BS自立」のハカマも交換して4mmトップ化

さて、ダイワとキザクラの棒ウキもハカマを交換して4mmのウキトップが入るようにします。

こちらホムセンで売ってた燃料用のチューブ。透明もありましたけど、なんとなくピンクに。

エポキシでくっつけます。

今後色が気に食わなくなったら黒く塗ります。

よし、完成!

この二種類は遠矢DPの代わりになりそうですね~。

購入した4mmウキトップはいい感じ。遠矢の4.1mmはややキツイです。

ていうかまあ、ウキトップってキツイくらいが外れちゃう心配がなくていいです。外す時は基本的にハカマに爪を立てて引っ張って外せばキツくても普通に外せます。遠矢ウキにもそんな説明があった気がします。

ちなみに黒魂BS自立のオリジナルのハカマですが、2020年10月現在購入していた物に関してはマジでダメです。普通に使用しててもトップがすっぽ抜けます。

ベガスティックタフ遠投LONGのハカマは割と優秀。もうちょっとキツくてもよかったけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました