山陰で初めてのイカメタル!! 良型51匹でクーラー満タン!!

イカメタル

初めてのイカメタルに行ってきました!

[釣行データ]
釣行日: 2019年8月31日│場所: 鳥取県│天候: 曇り?│
: 大潮│狙い(潮・時間・場所): -│水温: –
スポンサーリンク

準備したタックルなど

[ダイワ エメラルダス 66MLB-S IM]

[ダイワ エメラルダス 66MLB-S IM]

6月と7月と8月(お盆)で予約してたんですが、天候や船の故障などで出船できなかったんですよね〜。しかし4回目にしてようやく初イカメタルに行くことができました!

[シマノ 17 バルケッタ 300 HG 右ハンドル]

[シマノ 17 バルケッタ 300 HG 右ハンドル]

ロッドは「ダイワ エメラルダス 66MLB-S IM」を使用。リールは「シマノ 17 バルケッタ 300 HG 右ハンドル」「シマノ タナトル8 0.8号300m」を巻いて使用しました。

そしてもう一本オモリグ用にスピニングを用意していたんですが、こっちは結局使わなかったです。

邪道エギ(早福型)には釣れたイカのゲソを!これは船長に教えてもらいました。写真のは緩んでズレちゃってますが。

邪道エギ(早福型)には釣れたイカのゲソを!これは船長に教えてもらいました。写真のは緩んでズレちゃってますが。

浮きスッテ(ドロッパー)や2.5号のエギも色々用意してたんですが、前日に船長から喰いが悪いので餌巻きエギがあった方がいいと言われて、キーストンの邪道エギを用意しました。

邪道エギに巻いて使う餌は山陰の釣具屋さんで売っていたササミとイカの切り身を用意。

オモリスッテは40号までを各号数購入しておきました。

どちら側からでも意外と大したことないベタ踏み坂。

どちら側からでも意外と大したことないベタ踏み坂。

1便での出船なので14時くらいに福山を出発して、中国やまなみ街道を通って境港へ。

これがイカ釣りの裸電球!

これがイカ釣りの裸電球!

到着して準備万端!沖はウネリがあるらしいのでアネロンを2錠飲んで出船!

日本海へ沈む夕日

日本海へ沈む夕日

沖へ出たら確かにそこそこのウネリが!でも体調万全でアネロンも飲んでたので酔いの方は全然余裕でした。

今回は沖の方のポイントへ来たらしく片道1時間ほどかかりました。

さて、時刻は19時。納竿は23時らしいので4時間しかないけど頑張るしかない!

スポンサーリンク

ポイントに到着!一投目から釣れてノンストップで4時間集中!!

見えているのは全部イカ釣りの船だそうです。

見えているのは全部イカ釣りの船だそうです。

ポイントへ到着して船長がアンカーを入れ、仕掛け投入の合図。

誰よりも早く仕掛けを投入!30号鉛スッテに上はキーストンの邪道エギ。エサはササミです。前日は船全体でたった2匹とのことだったので、もうそりゃ初っ端から邪道でええやん?という気持ちで邪道投入。

水深61mとのことだったんですが……あれ?20mくらいでとまったよ?これまさか……と思う間もなく体が勝手にアワセてた!

ピントが奥の方に合っちゃってますが。

ピントが奥の方に合っちゃってますが。

釣れたわー!!

一投目で早くも坊主回避&初イカメタル成功!

席は船首なのでガンガン揺れますが、この一投を口火にもうそんなのまったく気にならないくらいの超集中モード!

ぶっちゃけ集中しすぎてなにをどうしたのか殆ど覚えてないんですが……大体以下のような感じ。

まずは底をとって3回シャクってステイ。10秒ほど待ってから反応がなければまた3回シャクってステイ。これを繰り返してだんだん上の方まで探っていきます。アタリがあったら次の投入はカウンターを見ながらその水深の-3mくらいからスタートしました。

アタリがあるけどなかなか乗らない!という時は、竿を持ち上げてそのままのゆ~っくりと竿でフォールさせ、同じレンジを何度も上げて落としてを繰り替えてしていると大体イカが抱いてきました。

船がかなり揺れているんですが、とにかく船縁に下半身をくっつけて固定して竿先は海面と一定を保つようにめっちゃ頑張りました。後半足がめっちゃ痛かったですが、こうしないとアタリがわかんないです。

アタリはティップが持ち上がったり引き込まれたり。あまりに微妙なアタリに合わせるとアワセが空振りしちゃいましたが、空振ったら2回ほど軽くちょんちょんシャクってフォローを入れてからまた同じレンジに送り込んでやると抱いてくることが多かったです。

途中からステイをやめて、ゆ~っくりと竿先を下げていってのフォールに変えてみました。これは船の揺れでどうしてもティップが持ち上がったりするので、それを防ぐために船が大きく揺れたらティップを意識して下げちゃう感じでやってました。なので必然的にフォールになりますよね。基本仕掛けが持ち上がっちゃうよりは下がった方がイカが警戒しないというか、抱きやすいと思ったからこうやってみました。正解かはわかんないですが。

邪道エギとメタルスッテの釣れた割合は半々といったところでした。てっきり下側のメタルスッテにはあまり食ってこないものだと思っていたので、これにはびっくり。

ケンサキイカは美しい!キレイ!

ケンサキイカは美しい!キレイ!

このような感じでガンガン攻めていると、気づけば一人だけ爆釣モード!船長もニッコリの50匹!!

「あと10分で終りでお願いします~」と船長のアナウンスがあったタイミングで49匹だったので、なんとしても50匹いきたい!!と泣きそうになりながらボトムをネチネチ攻めていると、ラスト5分で50匹目を追加!!

よしっ!!

っと掛けたときに声がでちゃいました。

無事に50匹目を釣り上げたらもう一気に気が抜けて、最後1投くらいできる時間がありましたが、もう竿を仕舞いました。

4時間ずっと足を踏ん張っていたので帰りの船で足が攣りそうになりました。

スポンサーリンク

今回のまとめ & 使用したタックル・仕掛け

数えてみたら51匹でした。

数えてみたら51匹でした。

船中で数えながら釣ってたはずなのに帰って数えたら51匹居ましたね~。ラスト1匹めっちゃ頑張ったのに実はもう50匹達成していたのか~。

アベレージが大体30cm程度とけっこう良い型?でした。ケンサキイカをあんまり知らないんですが、船長も型がいいな~と言っていたので多分良いんだろうな!

船の中には45cmの大剣を釣ってた人も居ましたね~。自分は39cmが一番大きかったです!

しかし釣れるときは3桁とか普通にいくらしいですね〜。エグいぜ!

日本海側の釣具屋でみつけたムラチェのKを買い占め。

日本海側の釣具屋でみつけたムラチェのKを買い占め。

さて、こんな感じで無事に初イカメタル(なんと竿頭でした)を終えました。

いや~、楽しかった!やりきった!

という感じですね。

仕掛けは終始変えずに赤緑の鉛スッテに邪道エギを使用しました。色々変えて楽しむ余裕は全然なかったです。Twitterの方でバチコンでアジ狙いとかも教えて頂いていたんですが、もうイカの数を上げる事に夢中でとにかく余裕がなかったですw

あ、そうそう。最後の1時間で潮が速くなってから全然食わなくなっちゃって、とりあえず仕掛けが斜めになっていたので、もうちょっと立ててみるかと40号に変更したんですが、そのタイミングで船長から「釣れたイカのゲソを巻くと食いが違うよ!」とアドバイスを受けたのでついでにエサをササミからゲソにチェンジして投入。するとそこから一気にアタリが出始めました!

これはゲソにしたから良かったのか、40号にして仕掛けを立てたから良かったのかが最後まで謎でしたが、とにかく納竿間際まで釣れたのでホントによかった!全然アタリが無い時でも、エサ1つ替えるだけですんごい違うのかも?って思いましたね~。

さて、9月にはもう一度だけイカメタルの予定を入れているんですが、少し気持ちに余裕が持てたらバチコンとか色々試してみたいですね~。

それではまた次回!

コメント