激渋の日本海イカメタル!今シーズン山陰白イカ2回目の釣行

イカメタル
この記事は約2分で読めます。

激☆渋!!

[釣行データ]
釣行日: 2020年7月4日│場所: 鳥取県│天候: 小雨&ウネリ│
: 大潮│狙い(潮・時間・場所): -│水温: –
スポンサーリンク

1時間に1匹ペースのイカメタル

さて、前回は風速7mで船はロールしまくりの上下しまくりで、歴戦の兵たちがゲロゲロと海へ撒き餌を垂れ流す、素敵アトラクションだったんですが。今回は前回よりも船の揺れはなかったものの、状況はより渋くなっていました……

今回、終始ラッシュは訪れませんでした。

1時間に1匹程度が、たまに抱いてくる感じでしたね~。まあこういった状況でも上手い人はアタリを出させる事ができるのかもしれませんが、自分は今回はもう諦め気味だったので、最後辺りはもう表層に浮いてるアジ・サバをオモリグ用に持ってきたエギングタックルで掛けるのに全力を尽くしていました(笑

ちなみに釣座はトモ(船尾)だったので、後ろへ向けてジグヘッドをキャストしてアジングをめっちゃ堪能できました。もちろんフルドラグのゴリ巻き前提ですが。リーダー2.5号の尺ヘッド1.5g~3gでバコバコ尺レベルが食ってくるので超楽しかったです!!

ワームはINX.labelのゼイゴー1.8inch&3inch。ドラゴンクローラーの2.3inchを使用しました!ゼイゴーの1.8inchが食いが良かった気がしましたね!表層より少し沈めてシェイクしたりただ巻きしたり、高活性なのでどうやっても食ってきました。

もし次回するんだったら、ワームがずれないように接着剤とかでジグヘッドにくっつけたほうが手返しがいいですね。やっぱり高活性でもワームがズレていたりしたら食ってきませんでしたから。なんだったらプラグとか小さいメタルバイブでもいいかもしれません!

帰り際に見た岩礁を照らす灯台からの光が幻想的というか、カッコよかったです。

釣果

スポンサーリンク

今回のまとめ & 使用したタックル

なかなか厳しかったですが、アジングが楽しかったので個人的には結構楽しめた釣行でした。

釣れたアジは多分マルアジかな?刺し身で食べてみましたが結構美味しかったですよ。ヒラアジ(マアジ)のほうが美味しいと聞いていたんですが、今回に限ってかもしれませんか全然美味しかったですね~。

さて、次はご近所さんに配るくらいは釣れてくれたらいいんですけどね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました