STARTのTG RUNNER買ってみた

本記事のリンクには広告が含まれています。

タックル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ルアーニュースの記事でSTARTがをジグ出したのを知って、気に留めておいたんですが、釣具屋さんで見つけたので速攻買ってみました!

スポンサーリンク

45g ミドキン

パッケージこんなん。

フックもブレードもスナップもセットですね。

コンパクトなシルエットです。サワラのブレードゲームに特化させてる感あります。

このジグの目玉は「ピアスシステム」という構造です。

ケツの方からワイヤーを引き抜けます。

スナップを外したら後ろから引き抜くだけです。

こんな感じ。

この構造のメリットはスイベルが本体に入る形になるので、シルエットを小さくできる点ですね。

一見フック&ブレードの交換が楽々でいいかも〜とか思いましたが、そんな実釣中に交換しないし、そこはメリットにならないかと思いました。

スイベルからスプリットリングはチューブで半固定されています。これあるだけでエビったりするトラブルが結構減ると思います。細部までこだわってる感じします。

サイズは35・45・60・80g。

各サイズでワイヤーが共有できるのかは不明。

できれば120gも欲しかったですね。追加販売してほしいです。来島海峡周辺で活躍するはず。フォールの時抵抗がすごいのでブレードはウィローにしたいところ。

本体45g。フック等取り付けると48gくらいでした。

ボディーは左右非対称。

替えユニットも販売されているようですが、ウィローもあるんですかね?何にせよ替えが売られているのは嬉しいです。500円くらいかな。

というわけで、今後スタメンに加わりそうなジグが出てきました。

ミニボートからのマダイゲームにも良さそうだな〜って思ってます。