ダイソーのシャッドテールワームを買ってみた

本記事のリンクには広告が含まれています。

タックル
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今更ー!

って感じですが、ダイソーのシャッドテールワームを買ってみました。

追記:ワームの刺し方の部分を一部修正

スポンサーリンク

クリアラメ&ピンクグローの各3本ずつ6本入り

さて、ダイソーに行ったらシャッドテールワームが置いてあったので即購入。ライト・ミドルゲームにいい感じではないでしょうか?

サイズは50mmでクリアラメとピンクグローが各3本ずつ入っています。

型崩れしないよう、ちゃんとパッケージングされていますね。

個人的にこのシラスっぽいクリアカラーは超いいんじゃね?って感じました。というのも、個人的にグラスミノーで一番好きなカラーが、「生シラスブラックフレーク」というカラーなんですね。

ピンクグローというカラーは個人的に実績が無いので、なんとも言えないです。個人的にチャートとかだったらすごい良かったですかね~。

ちなみにピンクとクリアでワームの硬さが微妙に違いました。手では分かりにくいレベルですが、口で食んでみたらピンクの方が若干柔らかかったです。まあこれは個体差、あるいは気のせいかもしれないですが。

グラスミノーと比べて、特別硬いとか言うことはなかったので、まあ普通に使えるかな~といった感想ですね。ただテールのつなぎ目部分は大きく違うポイントです。後に写真付きで解説します。

スポンサーリンク

グラスミノーと比較

中央がダイソーシャッドテールワームで、上下がグラスミノーです。下がグラスミノーSで上がLかな?

ちなみにグラスミノーのテールまでの部分というのは、このように薄っぺらくなっているんですね。これによりテールがすごい動くっぽいです。

一方ダイソーシャッドテールワームの方は、普通に楕円状というか、まあそんな感じ。グラスミノーと比べると動きが劣るであろうことは想像できますね。

スポンサーリンク

ジグヘッドにセットしてみた

適当なジグヘッドにセットしてみました。

パッケージ裏に図がありました。テールが下向きになるようにセットするのが公式のようです。

上がダイソー的に正しい向きにセットしたJAZZの尺ヘッドDタイプ5g。フックの出幅もいい感じで、適正といった感じがします。写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが。

下はアジングジグヘッドTGの3gの#8?だったかな。ちょっと出幅が心もとない感じ。ワームサイズがある程度大きいので、5gくらいが各メーカーのジグヘッドとも合うんじゃないかと思います。

小さめのジグヘッドはワームの中心よりちょい下にセットするのが良さそうです。

こちらは逆向きにセットした状態。

ダートさせるにはワームの丸い方が上向きにくる、こちらの方が良さそうです。

ちなみにパッケージには、「1g,1.5g対応」という表記がありました。これはダイソージグヘッドを指しているのか、はたまた一般的なジグヘッドを指しているのか分かりませんが。

個人的には5gのジグヘッド~が使いやすいサイズ感なのかなって思いました。ナイトゲームで常夜灯下で、ボトムちょんちょんしてたらいいんじゃない?みたいな。

又はスイミングでシーバスゲームとかにも使えるんじゃないかと思いますね。ていうか使えるでしょう。シャッドテールはなんでも食ってくるイメージがあります。

スポンサーリンク

実釣

JAZZ尺ヘッドDタイプに取り付けて、夜の常夜灯下で表層ゆっくり巻きでセイゴがヒット!ワーム自体に重さがあるので、ジグヘッドが軽くてもある程度飛びますね。

スポンサーリンク

まとめ

いやしかし・・・これが100円か~。釣具メーカーはどう思っているんだろう?って感じもしますが、貧乏アングラーにはかなり嬉しいアイテムですよね~。欲しい物ガンガン投入してくるダイソーの釣具担当、ありがとうございます!!シラスカラーまじで嬉しい。