ダイソーの新しいトレブルフックはどうだ!使えそう?【よく釣れる!釣具シリーズ】

タックル
この記事は約2分で読めます。

ダイソーにまたまた新しい釣具が!今回はトレブルフックがあったので買ってみました。

スポンサーリンク

トレブルフック 6号・8号

ダイソーの「よく釣れる!釣具シリーズ」からトレブルフックが出ていたので購入。サイズは6号と8号。以前からあるダイソー釣具の残念トレブルフックとは見た目からして違いますね!

3個入り。ゴツいスポンジに入ってます。

逆光で黒っぽく写っちゃってますが、フックの表面処理は錫メッキ加工が施してあるようです。

以前のダイソーのトレブルフックを比較。左が以前の物。右が今回の物。

以前の残念フックと比較してもあれなので、がまかつのTREBLE RBのM(6番)と比較していきましょう。

左がTREBLE RBで、右がダイソーです。RBの方がちょっと高いですね。

強度はどんなもんだと針先を適当な木に引っ掛けて引っ張ったりしてみたんですが、体感では同じくらいでした。針先の鋭さも全く問題なし。

RBの太さ。

ダイソートレブルの太さ。RBよりちょっと太いんですね。

針は平打ち?

高さ約19mm。

がまかつRBの高さは約21mm。

がまかつRBが0.5g。

ダイソートレブルが0.6。太い分だけちょっと重いようです。

一応メッキをチェック

3.5%の塩水に24時間沈めてみました。

左から、以前のダイソートレブル→今回のダイソートレブル→がまかつRB

12時間経過。以前のダイソートレブルは速攻錆びてますね。

24時間経過。右2つに関しては問題なさそうです。

取り出して12時間経過後。

うん、しっかりメッキ処理されてますね!

でも実際の所は、このメッキがどれだけ持つかという所ですよね~。例えば、ジグにつけてボトムにゴツゴツやってたら、一発でメッキ剥がれて錆びちゃいそうな気もします。結局はその辺りの耐久性が肝心なんですよね~。

・・・とまあ、書いてて思ったんですが、これ100円なんですよね・・・・・・よく考えたら十分すぎるレベル

スポンサーリンク

まとめ

  1. 以前のダイソートレブルとは比べ物にならないくらい良い
  2. 強度、フックの鋭さは問題なし(個体差あるかも)
  3. メッキ処理も問題なし(個体差あるかも)
  4. 表面処理の耐久性は不明

とりあえず見つけたら即買いしといて問題ないレベルかと思います。100円で3個入りなので、ジグにつけて使い捨てでガシガシ使うもよし!ルアーに付けて頻繁に交換するのも良し!といった感じですかね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました