[初心者向け] 秋のエギング1年目で学んだ7つの事! [しまなみ海道エリア]

エギング

もうすぐ9月!秋イカシーズン突入です!

ということで、しまなみ海道で秋エギングを去年1シーズンやってみて、そこから学んだことを書き出してみます。

注意!基本的に初心者が分かった気になって書いている物なので、間違っているかもしれませんが・・・そこは大目に見てね!
スポンサーリンク

釣れ始めと終わりの時期(しまなみエリア)

お盆くらいから釣れ始めますが、まだまだ小さいので、本格的には9月に入ってからくらい。

終わりは、2017年だと11月の半ばが自分の限界でした。

スポンサーリンク

エギはピンクだけあればいい!

エギは自分が見やすければ何色でもよい。

個人的に1番見やすいのはピンクだと思うので、2.5号〜3号のピンク(下地 虹テープ)が2つ、念を入れるなら3つあれば大丈夫!昼でも夜でも、常夜灯がなくても、ピンクがあれば大丈夫!

ラトルはあってもなくてもどっちでもいいけど、自分は入ってるのが好きです。

とは言ってもね・・・

やっぱ色々買っちゃいますよね~!

スポンサーリンク

ロッド、リールは軽いものがいい

ずっと持ってシャクったり、動かしてる物ですから、軽いのがいいです。

しかし、エギ3号が大体15g前後なので、その辺が快適に投げられるロッドでないとダメですね。

[2017秋] しまなみ海道でエギングはじめました! [初エギング]
こんにちは。 8月の中頃にイカが釣れ始めたとの話を耳にしたので、 8月末から9月はフカセをお休みして、エギングを始めてみました。 釣行データ 釣行日: 2017年8月27日│場所: 愛媛県大三島│天候: 晴│ 潮: 中潮│...

自分が始めたのが2017年の秋で、その時は最初から「エメラルダスMX(アウトガイドモデル)83ML-S・E」を購入してから始めたんですよね~、まあ形から入るタイプなので。

でも大正解でしたよ!イカが小さくてもビンビン伝わってくるし、曲がるし、ロッドのおかげですごい楽しかったです!何度か友達に貸して、自分はガルプスティックとかの万能竿でやってたんですが、やっぱり全然違いますねー。でも胴長20cm超えてるやつを抜き上げるのは、折れるんじゃないかとちょっと怖かったです。

エメラルダスMX 711LML-S・E インプレ
エメラルダスMX 711LML-S・Eを購入してみました。 まだ使ってないので詳しいレビューはまた今度にするとして、持った感じや、手持ちの83ML-S・Eと比べて、どんな感じかなどインプレしてみます。 ↑更に詳しく比較し...

更に曲がったら楽しいかも!って事で711LML-S・Eも購入しちゃいました。

エメラルダスMX「711LML-S・E」と「83ML-S・E」を使い比べてみました!
2018年7月に追加でラインナップされた「エメラルダスMX 711LML-S・E」を予約してゲットしてたんですが、ようやく秋イカ相手に使うことができたので、去年メインで使っていた「エメラルダスMX 83ML-S・E」と使い比べて見ました! ...

711LML-S・Eと83ML-S・Eの比較記事はこちら!

スポンサーリンク

ロッドホルダーが必須!

やはりロッドを置いて両手フリーにしたほうが、リーダーを結び直したり、写真を撮ったりなどの作業が捗りますね。傷がつくから直接地面に置きたくないです、磯では特に!

第一精工の「EVAロッドラック」をクーラーボックスに追加取り付け![穴あけネジタイプ]
秋イカに向けて、クーラーボックスにロッドホルダーを追加で取り付けました! 1つ目の取り付けの記事はこちら。 取り付け 今回取り付けするホルダーは、前回と同じ「第一精工 EVAロッドラック 33S」。 ...

クーラーボックスにロッドホルダーを取り付けておくとすごい便利です!

ちなみに↑の写真のタックルボックスは、「MEIHO(メイホウ) ランガンシステムボックス VS-7070」に「メイホー ロッドスタンド BM-230N」を2つとりつけています。調べてみると、BM-230NよりBM-250 Lightのほうがワンタッチで着脱できていいみたいですね~。

メイホウ(MEIHO)
¥3,607 (2018/11/19 11:29:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

クーラーの氷は保冷剤でサンドイッチすると長持ち

保冷剤→氷→保冷剤→新聞紙orタオル。の順番で入れておくと、冷たさがすごい長持ちします。大体12Lのクーラーで半分くらいまでを目安に。

保冷剤のみだとすぐに温くなっちゃう気がするので、自分は氷を入れます。まあ保冷剤2枚もいれると重くなるので、上に1枚だけでも全然OK。

あと、イカはジップロックなどの袋に入れて一番上に。袋に入れておくと帰ってからのクーラーボックスの掃除が楽です。

ちなみに、秀和のラック12にはLOGOSのLサイズがジャストフィット!

スポンサーリンク

秋イカは割とどこにでもいる

水深が膝下くらいあれば、防波堤だろうと砂浜だろうと、割とどこにでもいました。少し沖に地形の変化(かけあがり)や、まとまったウィード(海藻)、シモリ(沈み根)があれば尚良!

周辺の地形・地質から水中をイメージしてみたり、偏光グラスをかけて、海の色の変化で見分ける。GoogleEarthや、水深や地形が載っている図など、ありとあらゆる手を使ってポイントを探す!

エギングのみならず、日中の釣りでは偏光グラスが必須です!それに帽子ですね。偏光グラスと目の隙間に上から入ってくる光を、帽子のつばによってシャットアウトすることで、偏光グラスの性能を100%発揮できます!

スポンサーリンク

常夜灯の無い真っ暗な所でも釣れる

夜は常夜灯周りしか釣れないと思ってたら、真っ暗な所でも”普通に”釣れる!

シーズンの途中までは、常夜灯まわりでしか釣れないと思いこんでいて、「常夜灯まわりは人がいっぱい居るし・・・」と夜釣りはやってなかったんですね。代わりに、真っ暗なところ(夜磯とか)では釣れないのか?と思い、いざやってみると、日中と変わりなく釣れることに気づきました。

日中行けなかったら夜行けばいいのだ!イノシシ怖いけど!

スポンサーリンク

まとめ

はい、というわけでね、エギング“1年目”に学んだことを書いてみました。

“1年目”ですからね!ここ注意ね~。これ、2年目の終わりにはまったく違う意見になってたりするかも・・・ということですね!

さあ、もうすぐ9月、今年はサイズアップを狙っていきたいですね~。2年目も釣るぜ~!

[2018秋] しまなみ海道でエギング2年目はじめました!
秋イカのシーズンに突入しましたね〜。 初っ端の今回は、しまなみ海道の愛媛県大三島へ行ってきました! 釣行データ&使用タックル 釣行日: 2018年9月1日│場所: 愛媛県大三島│天候: 雨時々曇り│ 潮: 小潮│満潮: 14:0...

こちらの記事もあわせてどうぞ!

コメント