ミニボートでマダイ狙い!58cmと61cmが立て続けにヒット!

本記事のリンクには広告が含まれています。

オフショア(船釣り)
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

マダイ状況良いよ!!

乗っ込みが微妙だったマダイですが、アフターでの食いが良くなってる?シャローでアタリが連発でした!

スポンサーリンク

ボトムワインドで58cmのマダイ

前日は雨の中の出船でしたが、この日は気持ちのいい晴れ!

夜明けと共に出船。朝マズメはアオリを狙ってみたんですが不発でした。今年はイカが良くないみたいな感じなんですかね~。でも表層水温が18℃まで下がっていたので、もうちょい安定して水温上がったらチャンス来るかも?

朝の8時くらいが満潮だったので、それに合わせて上げ潮が良い釣り場を選択しました。

ポイントに到着するなり、ボートの周りを60cm程度のマダイが泳いでいるのが見えました。急いでシャッドテールワームを投げてみたんですが反応せず。ワームのサイズ感の問題かと思い、グラスミノーのSも投入したんですが、こちらもダメ。

上のレンジを通してダメとなると・・・ボトムワインドしかあるまい!

磯際の水深3~10m程度の場所だったので、「JAZZ 尺ヘッドDタイプ10g」+「ドリームアップのDART8 2inch(UVクリスマス)」を投入。

磯際から掛け下がっている藻際でダートさせてテンションフォール。

フォール中のコンッ!というアタリを合わせると、いい感じの重量感。最初全然引かなかったのでアコウのスレかな?と思っていたんですが、ボート際まで浮いてきてから怒涛の抵抗。めっちゃドラグ出されて何度も突っ込まれましたが、なんとかネットイン!

フックが伸ばされてますね。アコウなら出したらまずいと思ってドラグはキツめに設定していました。

にしても、エギングロッドでやる大物はマジで楽しい!!

ボート用のキャスティングロッドで太いPE使って、安心ゴリゴリのファイトも良いんですけどね。5~10g程度のジグヘッドのワインドをやるとなると気持ちよくないんですよね。なのでエギングタックルくらいが丁度いいです。

58cmくらいですね。ギリ60cmなかったですけど上出来!

スポンサーリンク

タイラバで61cm

大物を楽しんだので、癒やしのタイラバに変更。

根がある20m程度までの浅場を流しているので、チャリコサイズが毎投ヒットしてくれて楽しめます。

たまにチャリコに混じって35cm前後がヒットしてきます。

今回使ったタイラバはSTARTの「2step TG 60g」です。

ユニットはカーリーのオレンジピンク。フックサイズはMですね。この色可愛くてすごい好きなんですよね~。今回はこの色しか使いませんでした。

ボートを流していて17m程度から20mくらいに少し落ち込んでいる場所を通った時に、ボトムからの2巻くらいでズシンとヒット。

しょっぱなから走りまくったので、「こりゃもうアコウだわ~」とドラグ強めにして応戦。

水深20mに対して15mまで浮かせて底を切れたので一安心・・・と思いきや、全然引きが収まらない。アコウならもう観念してるはず・・・と思って浮かせてみると、なんと本日2匹目の良型マダイ!!

お~!60cmちょい!そして体高がエグい!!

1匹目はオスっぽかったですが、これはメスっぽいですね。

写真は以前のものを流用

使用したロッドはゴールデンミーンの「マシモフ MMC-65SUS-S」です。

2ラインナップあって柔らかい方なんですが、ドラグキツめにしても耐えましたね~。まあ走られた時はロッドを下げてストレート気味な状態でラインを出してましたが。やり取り中はガッツリ曲がっててちょっと不安になるくらいでしたが、意外と曲がっててもバッドが生きた状態で仕事してくれて、ちゃんとリフトできてましたね。釣り人側が魚の引きに対してメリハリをつけたやり取りをしてやると、もっと大きな魚でも上げられるポテンシャルはあると感じました。

でも正直な所、もうちょっと強めのロッドでもいいかもな~と感じました。

しかし魚をリフトするパワーは食い込みの良さとトレードオフな感じがしないでもない・・・。まあめっちゃ食い込み良くてバッドは強い~みたいなロッドもあるんでしょうけどね。

タイだと分かってるならドラグ出しちゃえばいいんですが、根回りだとアコウが来ちゃうので困りますよね。突き詰めると悩ましさの本質は多分そこだけですね。

いや~良型2匹釣れて満足です。

にしても、本当にいい天気で気持ちいいです。そこまで暑くないし。

スマホで音楽をかけながら、ゆったりとボートが流れる中、タイラバを巻き巻き・・・・・・癒やされ感すごい!!

延々とこの時間を楽しみたかったですが、午後から予定があったので9時過ぎに早めの撤収。

ボートを陸に上げていると、カブで走っているお爺さんがボート珍しさに話しかけてくれたので、マダイの35cm程度のやつをおすそ分け。お礼にとビワを頂きました。小粒ですが柔らかくて美味しそう!

でかいの一匹は島の柑橘農家のおじさんに上げときました。前日に柑橘を山ほどもらったので。これでお返し完了!

スポンサーリンク

まとめ

今回の釣果がこちら!

帰り際に色んな人におすそ分けしたので、お持ち帰りはこの1匹とチャリコが1匹。でも一番体高がエグいやつを残しておきました。久々に刺し身で食べてみようかな~。

重さを量ってみたら2.6キロでした。

胃の中から出てきたのはタコ?ですかね。もう一匹の大きいやつは、締めた時にケツから黒い汁が垂れ流しだったので、もしかしたらタコスミとかだったのかもしれません。

使用タックル(タイラバ)

コメント

  1. きゅー より:

    初めまして!
    私も昨年、2馬力ボートデビューしたばかりなので、とても参考になります。これからもちょくちょく拝見させて頂きたいと思います。