愛媛県大三島で2月のチヌ、フカセ釣り!ハリスぶち切られ事案発生

フカセ釣り

久々のチヌ狙いでフカセ釣り。

9時干潮15時満潮の小潮で、朝マズメから満潮まで釣ってきました。
そんなに寒くなかったのでよかったー。

まあ釣果の方はあんまよくなかったんですが、30ちょいのチヌ1枚と30いかないくらいのチヌとマダイが一枚、んでおまけの穴釣りで釣ったクロソイ?。全体的に小さかったけど酒のツマミがほしかったので全部持って帰りました。

しかし2月だというのにエサ取りに苦労しました。コマセで表層のスズメダイかわしても中層からボトムは10メートル程度の範囲に満遍なくクサフグがいてくれるという、隙の生じぬ二段構え状態!手前を諦めて遠投するもアタリ一つ無く。しかも後半ボラが延々とコマセを食いに来る始末、釣ってやろうと鼻先に挿し餌入れてみたり色々やってみましたが、見るのは見るけどそっぽを向く、コマセは食ってるのに挿し餌だけ食わねぇ・・・。諦めた。

そんなこんなでエサ取りと緩い潮に苦戦しつつやってると、潮が右から左へど切り替わるタイミングでチャンス到来?モソっとしたアタリにあわせると重量感を感じる、なにやら大物の予感!と思った次の瞬間、竿に感じる重量感そのままにゴリゴリと沖の駆け上がりまで走り出してとても止めらんない!からのハリスぶち切られ!完全にコブダイです。

いやー今回はボコボコにやられました。
渋い中本命を2枚なんとか釣れてますが、ハリスぶち切られ事案が悔しすぎて今回の釣行の印象は負けた・・・って感じで終わりました。自分の技量不足もすごい痛感しました。

でもまあ・・・そんなボコボコにやられる状況も悔しくてワクワクして楽しかったんですけどね!これだから金かかってもやめらんねーのです。

コメント