Piscifun(ピシファン) CarbonX3000+3000Sインプレ

タックル

Amazonでコスパがいいと評判のPiscifun(ピシファン)のCarbonXというリールを買ってみました!

スポンサーリンク

Piscifun CarbonX3000+3000S

Piscifun CarbonX3000

Piscifun CarbonX3000

今回CarbonXの3000番+シャロースプールセットを購入。使用用途はシーバスやブッコミ釣り。車に積みっぱなしで使用後にいちいち洗う予定は無し!

Amazonで2019年11月21日現在の通常価格で、3000番+シャロースプールセットが7550円でした。タイムセールも頻繁にあるようなので更に1000円程安く買えるかも。

外観・機能

梱包内容

梱包内容

リール本体はしっかりとした黒い袋に入っていました。

後はシャロースプールにハンドル、調整用ワッシャーとステッカーと取扱説明書。

リール本体

リール本体

本体は落ち着いた黒色。触ってみるとしっかりとした作りで品質の高さを感じ取れます。ローターやベールアームのガタつきもありませんでした。ベールアームを閉じるときはカチンと音がして気持ちよく閉まります。

ねじ込み式ハンドル

ねじ込み式ハンドル

デフォルトではハンドルキャップが右側に装着されており左巻き仕様になっていました。

ハンドルはねじ込み式で折りたたみできるタイプ。

(左)シマノ 19ストラディック C3000XG (右)Piscifun CarbonX3000

(左)シマノ 19ストラディック C3000XG (右)Piscifun CarbonX3000

サイズはシマノのC3000とほぼ同じ。

ディープスプールのラインキャパ

ディープスプールのラインキャパ

ディープスプールのラインキャパ。

逆転スイッチ

逆転スイッチ

逆転スイッチは搭載されています。

ラインストッパー

ラインストッパー

ラインストッパーは丸型で引っ掛けやすいです。

重量

本体+ディープスプール

本体+ディープスプール

本体+ディープスプールの重量がこちら。公式には227gですが、個体差もあるでしょうし測定器も家庭用の物なので 。個人的には許容誤差の範囲です。

本体+シャロースプール

本体+シャロースプール

シャロースプールを付けると7g程重くなります。

ディープスプール

ディープスプール

シャロースプール

シャロースプール

ドラグノブ

ドラグノブ

ドラグ音

スポンサーリンク

感想・印象

鳥の巣のようなスプール

“巣”のようなスプール

シーバスに使用してみたので感想を少しだけ。

35cm前後〜50cmちょいまでのセイゴ・ハネを10数匹釣った程度ですが。

使用したライン、ルアー
ライン : デュエル アーマードF 0.6
リーダー : フロロ2.5号1ヒロ
ルアー : megabass X-80Jr. BEAT SW (HT SHIRASU)

巻き感・剛性

まず空巻きで巻いてみた感想ですが「滑らかだけど軽いと言うわけではないな」といったのが率直な感想です。使っていくうちに本体内部のグリス等が馴染むなどして巻き感も軽くなってくれないかな~とも思っていますが。

しかし別に重すぎる訳ではないので、普通にストレスなく使用できます。

ルアーを引いている時や魚をゴリ巻きしているテンションが掛かっている状態の時でも、ゴリ感や引っ掛かりもなくスムーズです(この個体は)。50cm程度のシーバスをゴリ巻きで寄せましたが、リールが歪んで巻きにくい等も一切なかったです。

ドラグ

ドラグに関しては出だしがスムーズとは言えませんが、出始めると一定のテンションで引っ掛かりなく出てくれます。可もなく不可もなくといった感じです。

耐久性

耐久性については現時点ではわかりませんが、少なくとも鳥の巣のようなこの”nest”スプールは、シャフトから本体内部への水の侵入を防ぐことはできないように思います。シールドベアリングやグリスがそれの対策なんでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

評判通りコスパのいいリールだと思います。

今回は巻きの釣りしかしてませんが、エギング等のシャクる釣りでも十分使えるレベルだと感じました。まあ流石にシマノのクイックレスポンスシリーズみたいな巻き出しの軽さはないので、その辺りに快適さを見出している方からすればちょっと厳しいかもしれませんが。

あと2000円程プラスすればナスキーにも手が届くんですが、個人的にはねじ込み式ハンドルではない16ナスキーよりも、こちらのCarbonXのほうがいいと思います。超個人的偏見ですが、リールを買う最低限の条件はねじ込み式ハンドルです。供回り式は構造上新品でも多少はガタがありますし、負荷を掛けていくうちにどんどんガタが酷くなってきます。シーバスのようなリールに負担がかかる釣りをしていれば尚更です。なのでいくらドラグがどうのギヤがどうのと言っても、ハンドルがガタつけばそれだけで残念なリールだと感じてしまいます。その点CarbonXはハンドルのみならず、各可動部にもガタつきがほとんど無く、カッチリとした作りで好印象です。

あとこのリールは替えスプールが通常価格1550円で売られているのがかなり魅力的ですね。(2019年11月21日現在)

手頃な値段で確実な品質のリールで買って損はないと思います。

自重が165gの1000番も気になっているので、そのうち購入してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました